#インタビュー

ミフネ&ヨシダの体当たり企画 クルマとカスタムのある暮らし 〜第2回 子どもたちの人気者 くるタムに会いたい!〜

みんなで「Let’s CusTAM!(レッツ カスタム)」のCポーズ! ミフネさんとヨシダさんは、たろ(2歳児)とじろ(0歳児)のお世話に日々奮闘するおじさん家政夫です。 彼らの日常を切り取った写真と文章は独特のユーモラスな世界観で人気を集め、Instagram(…

S660純正用品ってぶっちゃけどうなの? 気になる疑問を開発者にぶつけてみた

純正用品っていうけど、いまいちよさがわからない、なんで価格が高いの? 実際どうやって使うものなの? といった素朴な疑問をみなさん抱えているかと思います。そこで、みなさんに代わってカエライフ編集部が開発者にインタビュー! S660には、Moduloアイテ…

「北極圏を目指す冒険ウォーク2019」参加で自分をカエる~事前合宿訪問記 後編~

北極冒険家の荻田泰永さんが企画した「北極圏を目指す冒険ウォーク2019」に参加表明した若者は16名。そして何度かのミーティングを経て、最終的に遠征に参加するのは12名となり、残りの4名は遠征メンバーを日本からサポートすることになった。 そして出発を…

北極冒険家 荻田氏に聞いた人生のカエかた ~「北極圏を目指す冒険ウォーク2019」事前合宿訪問記 前編~

地球は北極と南極というふたつの極点を結ぶ軸を中心に自転している。これら極点がある地域は自然環境が厳しく、人を寄せ付けないような場所でもあるが、自転の中心という地球のなかでも特別な場所だけに、その魅力に惹かれ極圏を目指す冒険家もいる。そのひ…

【INSIGHT純正用品】デザイナーが語る、スタイルの本質

クルマの本質を研ぎ澄ました一台として誕生した、新型インサイト。 光を拾う角度まで計算し尽くされたエクステリアアイテム、快適性のためにミリ単位で造り込まれたインテリアアイテムなど、こだわりのデザインに込められた想いを、Vol.1でデザイナーが語り…

「何これ!?おしゃれ!どこのクルマ!?」。熱い注目を浴びる「S660 Neo Classic」誕生秘話

小さいけれど存在感抜群! 道を走れば、必ず振り向かれる目立ち度マックスのスタイル。日本のクルマと言えば誰もが驚き、ホンダの軽「S660」を着せ替えたクルマと言えば二度驚く。それが「S660 Neo Classic」。 ホンダアクセスが東京オートサロン2016に出展…

【VEZEL純正用品】美しいだけでは、私たちが理想とするデザインは生まれない

ベースモデルのデザインを際立たせる、エクステリア用品。 他のSUVとは一線を画す個性的なデザインで人気のヴェゼル。その魅力をさらに引き立たせるのがエクステリア用品です。ベースモデルのデザインを損なうことなく、どのようにエクステリア用品をデザイ…

社用車にN-VANを選んだ理由とは?地域の “足” を支える赤坂輪店さんのN−VAN LIFE

「はたらく人に、軽バンの新しいかたち」をコンセプトに、2018年7月に発売されたN-VAN。荷物もたくさん載せられる使いやすさと安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載し、運転する人の乗りやすさにもこだわった1台です。 そこで今回は、長野県辰野町で…

S660 Modulo X お客様インタビュー

※本記事は2018年9月2日にホンダアクセス公式Facebookにて紹介した記事を転載しております。 先日S660 Modulo Xが納車されたKさんのところに、密着インタビューをしてきました。S660ユーザーが、S660 Modulo Xに乗りかえた理由とは!?ぜひ読んでください。 -…

S660 Modulo X 開発者インタビュー

※本記事は2018年9月12日にホンダアクセス公式Facebookにて紹介した記事を転載しております。 今年7月に発売され、ご好評いただいている「S660 Modulo X」。 そこには、開発責任者である松岡のS660 Modulo X開発にかける意気込みと、開発メンバーの熱い想いが…