くるタムが行く!【SUPER GT 2019】Honda チーム「Modulo Drago CORSE(34号車)」紹介編

Modulo Drago CORSEチーム

みなさん!SUPER GTというレースは知ってますか~?

SUPER GTは、国内最高峰の自動車レースイベントで、ホンダ、トヨタ、日産の国内3メーカーの戦いが見れるほか、ランボルギーニやマクラーレンといった世界中のスポーツカーと国内トップレーサーが集結して熱いレースを繰り広げる一大イベントなのです!

まだレースを見たことがない方に向けて、ホンダアクセスのキャラクターくるタムがSUPER GTの魅力をた~っぷりと紹介していきますのでみなさんも楽しみにしてて下さいね!では、早速くるタム君に登場してもらいましょう!

 

~Modulo応援団長くるタムより一言~

くるタム
突然だけど、くるタムよりお知らせタム。ホンダアクセスは、Honda純正アクセサリーブランド【Modulo】を沢山の人に知ってもらうために

  • GT500クラス・Modulo Nakajima Racing
  • GT300クラス・Modulo Drago CORSE

を応援することになったタム!皆も一緒に応援よろしくタム!!

ということで、チームメンバー紹介【第2弾】タム。

今回は、「GT300クラス・Modulo Drago CORSE」チームメンバーを紹介するタム!

 

関連記事
「GT500クラス・Modulo Nakajima Racing」のメンバー紹介はこちら

 

GT300クラス・Modulo Drago CORSE のみんな

監督兼トラックエンジニア(チーム全体をまとめるリ-ダー)

チョン ヨンフン

f:id:hondaaccess:20190426162749j:plain

チョン監督は、状況に応じてマシンのセッティングを変えるのが仕事だから、いつも忙しそうタム。レース中はピリッとしているけど、プライベートでは愛犬ブブちゃん(フレンチブルドック)にメロメロタム。ちなみに、ダイエットも頑張っているタムよ。

 


ドライバー(Modulo KENWOOD NSX-GT3でレースを走る選ばれし人)

道上 龍(みちがみ りょう)

道上 龍

道上選手は、「NSX使い」の異名を持つホンダのレジェンドドライバータム!「昨年よりも、上にいけるように頑張ります。とくに今年は昨年のマシン『NSX GT3』にさらなる性能向上を図った『NSX GT3 EVO』の導入により良い結果が期待できそうです」と言ってたタム。がんばってタム~!

 


大津 弘樹(おおつ ひろき)

大津弘樹

大津選手はいつも若手らしい熱いレースを見せてくれるタム!「今年は常に表彰台を目指して頑張ります」と言っていたタム。大津選手は、このチームで2年目を迎えるけど、コメントも走りもめきめき上達してるタムよ。

 


チーフメカニック(メカニック達をまとめるリーダー)

新保 貴章(にいぼ たかあき)

新保貴章選手

レース中は、作業がスムーズにいくようにメカニックたちに指示を出す司令塔タム。いつも、ピットクルーが施した作業にミスがないか必ず確認をしてるタムよ。

「1人1人を信頼しているからこそ、最高のレースができるんです」と熱く語ってくれたタム。そんな新保さんが思うGTの魅力は、なんといっても迫力があるところ!テレビじゃなくて、サーキットで見てほしい!とオススメしていたタム。

 


メカニック(NSX-GTの調整など整備をする人)
森田 弥(もりた わたる)

森田 弥選手

マシンの給油担当タム。マシンに給油をし続けて8年。ミスをしたら大きな事故になってしまうから、常に緊張感を持って素早く燃料をマシンに注いでいるタム。最近の悩みは、ガソリンスタンドでの給油で時間が掛かりすぎてイライラすることらしいタム。職業病タムね。

 


田奈池 哲也(たないけ てつや)

田奈池 哲也

レースの時に火事が起こった時の消火係と、いつもは右後方のタイヤ交換を担当しているタム。

お父さんが整備士で、車を整備している姿がカッコイイと憧れて、この世界に入ったタム。万一マシンが炎上しても、あせらず的確に消化できるようにと心がけているタム。ちなみに、まだ一回も消火器を噴射したことはないらしいタム。

 


吉田 はじめ(よしだ はじめ)

吉田 はじめ

レースの時火事が起こった時の消火係と、いつもは機材やマシンの運送をしているタム。

「もし、運送中に事故を起こしてしまいマシンが破損してしまったらレースができなくなるので、安全運転はもちろんのこと、なるべくトラックが揺れないように気を付けて運んでいます」と教えてくれたタム。あらためて、レースは、色んな人の協力があってこそと感じたタム。

 


永山 友和(ながやま ともかず)

永山 友和

レース中はガソリンのエアー抜き(給油の時に入った空気を抜く)、いつもは車両のセッティング変更を担当しているタム。

永山さんのニックネームは【石油王】タム!顔が濃い&給油(残念ながら、石油ではない)の時にあふれ出る空気を抜く仕事をしているからなんだってタム!チームの雰囲気をなごませるムードメーカータムよ。もちろん、仕事っぷりもばっちりタム。

 


勝又 修(かつまた おさむ)

勝又 修

レース中は給油コックをしめるの開け閉め、いつもは機材やマシンの運送をしているタム。

「トラックには、Moduloの看板が入っているから、交通事故は絶対に起こさない!胸を張れるような運転をしています」と語る勝又さんは誇らしげな顔をしていたタム。給油コックを閉めるときは、コンマ何秒でも短くなるように必死にがんばっているタムよ。

 


小山 平(こやま たいら)

小山 平

レース中は、ドライバーのベルト&ドリンクを用意するドライバーサポート、いつもは右前のタイヤの交換を担当しているタム。

レース中は、片手にドリンクを持ちながらドアを開け、ドライバーのシートベルトを締めて、クールスーツの氷の交換をするタム。献身的にドライバーのお世話をしている姿は お母さん のようタム。小山ママと呼んであげてタム。

 


ジ・ジェファン

ジ・ジェファン

レース中はタイヤ交換、通常業務は左前のタイヤ交換の担当タム。

日本のレース最先端の技術を学びたい!と思ってGTのレースに参戦しているタム。ピットに戻ってきたタイヤは熱々で、1秒以上触ると火傷するらしいタム。好きなものは麦茶&おにぎり(ツナマヨ)タム。みんなからの差し入れ待ってるタム~!

 

ここからはミニコーナータムよ♪

こちゃまる(Modulo プリティ)のGTオススメグルメ

こちゃまる(Modulo プリティ水瀬)

こちゃまる(Modulo プリティ水瀬)

なんと言っても食いしん坊には嬉しい目移りしまくる美味しそうな数々の屋台です!

その中でも今回はハラミ串を食べました!theお肉を食べてる!っていう感じが味わえる大満足な一串でした!

 

レースカメラマン・まあさんの岡山国際サーキットの絶景スポット

岡山国際サーキット・2018ヘアピン画像

岡山国際サーキットで最もオーバーテイクシーンを見られるのが裏ストレート後のヘアピンコーナー。特にレース終盤、タイヤが厳しくなったマシン同士の攻防は必見。

観戦エリアはCパドック入口に近いので車の出入りに注意!

座る場所も無いのでマニア向けです。写真は、2018年の開幕戦にて。山本尚貴vs塚越広大、因縁のバトル序章となったシーンかもしれません。

最後にくるタムより一言

ということで、2回に渡ってModuloの2チームのみんなを紹介したタム。ちゃんと覚えてくれたタムか?

今シーズンは始まったばかり!Moduloの応援をよろしくタム!!

 

関連記事
「GT500クラス・Modulo Nakajima Racing」のメンバー紹介はこちら