当サイト内のおでかけ情報に関して

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、事前にお住まいの地域やお出かけ先の情報を確認し、ご計画をお願いいたします。

ステップワゴンにe-bikeを載せてラクラク車中泊&春の大井川をサイクリング

ステップワゴンにe-bikeを載せてラクラク車中泊&サイクリング

 

人気上昇中の「e-bike」ってご存じですか? 電動アシスト自転車の機能をスポーツサイクルに搭載した自転車のことです。スポーツモデルなので走破性抜群。体力に自信がなくてもどこまでも行けちゃう電動アシストがうれしい、とっても楽しい自転車です。

とはいえ、自転車ですから、自宅からだと行ける範囲は限られます。やはり「自走では行けない景色のいい場所を気持ちよく走ってみたい!」という想いがわき出てくるというもの。でも自転車を分解して詰め込んだ重くて大きな荷物を持って電車に乗って……それはなんだか大変そう。

そこで、Hondaステップワゴンにe-bikeをのっけて、静岡を流れる大井川で春のサイクリングを楽しむ週末車中泊をしてみることにしました。

目次

 

ゆったりスペースが魅力のステップワゴンで車中泊&春の大井川沿いサイクリングを実現

今回は、普段から自転車に乗るのが好きだというモデルの「岩田美音(みおん)」さんがドライブしてくれます。

旅のお供にチョイスしたステップワゴンは、積載性抜群のミニバン。荷物はもとより、横になって寝転がるにも十分なスペースがあり、車中泊にぴったりなモデル。e-bikeを載せての車中泊旅は、どんな感じになるでしょうか。

 

ドライブするのはモデルの岩田美音(みおん)さん。フロントの専用ブラック コンビシートには「Modulo X」のロゴマークが!

ドライブするのはモデルの岩田美音(みおん)さん。今回乗ったステップワゴンは「Modulo X」。詳しくは記事末をご覧ください。

 

ミニベロタイプのe-bikeは分解せずにそのまま積み込めました

美音さんは、はじめて見るe-bikeに興味津々。用意したe-bikeは、ミニベロタイプ(小径車)のルイガノ(LOUIS GARNEAU)「LGS ASCENT e-sports」で、心臓部ともいえるドライブユニットはシマノ製。アシスト量高めの「HIGH」にすると、ちょっと漕ぐだけでグイッと気持ちいい加速が得られます。坂道も向かうところ敵なしに感じてしまいます。

さっそく美音さんも乗ってみたところ「小さくてかわいいデザインで、漕ぎ出しがとても軽く漕げます。このサイズなら扱いやすそうで、なんとか私でもクルマに載せられます」との感想。

美音さんと車中泊へ一緒にでかけるのはミニベロタイプ(小径車)のルイガノ(LOUIS GARNEAU)「LGS ASCENT e-sports」
美音さんと車中泊へ一緒にでかけるのはミニベロタイプ(小径車)のルイガノ(LOUIS GARNEAU)「LGS ASCENT e-sports」
美音さんと車中泊へ一緒にでかけるのはミニベロタイプ(小径車)のルイガノ(LOUIS GARNEAU)「LGS ASCENT e-sports」

 

クルマのラゲッジスペースの片側半分をタテに使って、自転車のタイヤを外すことなくそのままガッチリ固定して積み込めました。ミニベロのサイズなら、分解しなくても簡単に積載できますね。折りたたんだ3列目シートの固定用金具を活用して、バンドで固定できるのも便利です。走行中の振動で愛車(クルマ)や愛車(自転車)を傷つけないようにしっかり固定しておきましょう。

もし自転車を2台積載するときは、自転車の前輪を外すとよさそうです。前輪だけなら簡単に外せますからね。今回は自分が寝るためのスペースを半分確保することがポイントです。

ちなみに今回のステップワゴンには、メーカーオプションで100VのACコンセント(1500W)を搭載できます。車中泊派ならぜひ付けておきましょう。 目的地に向かうドライブ中にしっかりとe-bikeを充電できます。

3列目シートを床下に収納して……

3列目シートを床下に収納して……

 

2列目シートを前に移動させると……

2列目シートを前に移動させると……

 

自転車を置くスペースが完成です

自転車を置くスペースが完成です

 

3列目シートを留めるフックを活用すると自転車の固定に便利
3列目シートを留めるフックを活用すると自転車の固定に便利
3列目シートを留めるフックを活用すると自転車の固定に便利

 

車中泊用の荷物も含めてまったく問題なく乗せることができました

車中泊用の荷物も含めてまったく問題なく乗せることができました

 

ステップワゴンなら足が伸ばせるベッドができる

車中泊は、大井川下流にある「RVパーク静岡」を利用しました。1泊1,500円で利用でき、入浴施設「遊湯の里」が併設されていて、さらに食事もできます。春は日中暖かくても、朝晩は車内であっても冷えることがあります。防寒対策は用意しておきましょう。

大井川下流にある「RVパーク静岡」を車中泊の拠点にしました。入浴施設「遊湯の里」が併設されています

大井川下流にある「RVパーク静岡」を車中泊の拠点にしました。入浴施設「遊湯の里」が併設されています

 

車中泊では、2~3列目シートの半分を寝るスペースとしてセッティングしてみました。今回のステップワゴン(キャプテンシートの7人乗り)では、シート半分をフラットにして1人用ベッドのように使え、e-bikeを横に置いても圧迫感がありません。これなら寝ている間も、高価なe-bikeを外に置かずにすみます。雨や夜露が気になる天候でも安心です。

窓には目隠しと断熱を考えて「お風呂用アルミシート」を貼り付けてみました。ステップワゴンの窓は割と四角い形なので、あまり加工しなくても上だけをうまく留めれば、カーテンのように下げられます。車中泊モードにセッティングしたところ、「すごく広いですね。頭上の圧迫感もなくて手を広げて自由に動けます。もちろん寝転んでも、足先まで窮屈な感じはまったくないです」と美音さん。

ミニバンのテールゲートは下から上へ大きく開くため、女性が車内から開けるのはなかなか難しいのですが、ステップワゴンの特徴ともいえる「わくわくゲート」は、ドアのように横に開けることができるので、気軽に外に出ることができちゃいます。

ステップワゴンなら広々と車中泊ができちゃいます

ステップワゴンなら広々と車中泊ができちゃいます

 

目隠しと断熱を考えて、窓には「お風呂用アルミシート」を貼ります

目隠しと断熱を考えて、窓には「お風呂用アルミシート」を貼ります

 

マットと寝袋を乗せて、完璧な1人用ベッドになります

マットと寝袋を乗せて、完璧な1人用ベッドになります

 

夜はe-bikeの充電をチェックしたり、スマホで天気やコースマップを確認したりとユックリ過ごしましょう

夜はe-bikeの充電をチェックしたり、スマホで天気やコースマップを確認したりとユックリ過ごしましょう

夜はe-bikeの充電をチェックしたり、スマホで天気やコースマップを確認したりとユックリ過ごしましょう

夜はe-bikeの充電をチェックしたり、スマホで天気やコースマップを確認したりとユックリ過ごしましょう

 

ボトルホルダー部分など、車内の形に合わせてざっくりとシートは切り取ってみました。飲み物の置き場所があると快適度アップ

ボトルホルダー部分など、車内の形に合わせてざっくりとシートは切り取ってみました。飲み物の置き場所があると快適度アップ

 

「わくわくゲート」は内側からも簡単に開けられます

「わくわくゲート」は内側からも簡単に開けられます

 

3列目の下に収納スペースがあって便利

3列目の下に収納スペースがあって便利

 

春の大井川沿いを颯爽とサイクリング

大井川が流れる島田市では、サイクリングに向いた4種のコースを紹介しています。下記のサイトではパンフレットが紹介されているので参考にするとよいでしょう。

島田市 サイクルツーリズム「RIDE Oigawa」

 

4種のコースはそれぞれが離れているので、コース間はクルマで移動しつつ、周遊してサイクリングするとよいと思います。途中疲れたら、道の駅や温泉施設に立ち寄って、車中泊のテクニックで足を伸ばして休憩なんかもできちゃいます。

大井川を下流から走り出すと、牧之原台地に延々とお茶畑が広がっています。意外とアップダウンが多いですが、e-bikeならものともせず爽快に走ることができます。市街地の島田駅の近くでは、世界一長い木造歩道橋の「蓬莱(ほうらい)橋」が見えてきます。この橋を渡れるのは歩行者のみなので、自転車は押しながら渡ることになりますが、とても珍しいのでぜひ渡ってみてください。

大井川を下流には、お茶畑が広がっています

大井川の下流には、お茶畑が広がっています

 

大井川にかかる世界一長い木造歩道橋の「蓬莱橋」。蓬莱橋では自転車を押して渡ります
大井川にかかる世界一長い木造歩道橋の「蓬莱橋」。蓬莱橋では自転車を押して渡ります
大井川にかかる世界一長い木造歩道橋の「蓬莱橋」。蓬莱橋では自転車を押して渡ります

 

大井川をなぞるように大井川鐵道が通っていて、途中でうまく時間があえば勇壮なSLが走る姿を眺められることも。上流に行くにつれ坂道が多くなるので、無理せずサイクリングを楽しみましょう。大井川すべてをサイクリングで満喫するには、2泊してもいいくらい長いコースです。

これから春~初夏に向けて、どんどん外に出たくなるシーズンになります。車中泊をうまく取り入れてクルマでの行動範囲を広げて、ドライブを楽しんでみてください。

川沿いにはサイクリングロードも整備されています

川沿いにはサイクリングロードも整備されています

 

ちょうど早咲きの桜が咲いている場所がありました!

ちょうど早咲きの桜が咲いている場所がありました!

 

大井川を気持ちよくサイクリング。下流は広くなだらかなので、初心者でも楽しめます

大井川を気持ちよくサイクリング。下流は広くなだらかなので、初心者でも楽しめます

 

運よく大井川鐵道のSLにも出会えました

運よく大井川鐵道のSLにも出会えました

 

クルマと自転車が組み合わさると、いろいろな景色に出会えるようになります。ぜひ出かけてみてください

クルマと自転車が組み合わさると、いろいろな景色に出会えるようになります。ぜひ出かけてみてください

 

 

ステップワゴン e:HEV Modulo X Honda SENSING 紹介

「ステップワゴン e:HEV Modulo X Honda SENSING」は、2モーターのハイブリッドシステム「e:HEV」を載せ、「Modulo X」として、ホンダアクセスがチューニングした特別なコンプリートモデルになります。専用のエアロをまとい、高速道路でも安定するシッカリとした足回り。走りが好きな人が満足するチューニングに仕上がっています。

ステップワゴン e:HEV Modulo X Honda SENSINGの情報はこちら!

※ 撮影車両はマイナーモデルチェンジ前のモデルです。

ステップワゴン Modulo Xは、フロントに専用のエアロバンパー搭載

ステップワゴン Modulo Xは、フロントに専用のエアロバンパー搭載

 

リアの専用ロアーディフューザーも特徴的

リアの専用ロアーディフューザーも特徴的

 

 

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)「LGS ASCENT e-sports」

コンパクトなミニベロ(小径タイヤ)タイプのe-bike。パワフルなシマノ製ドライブユニット「STEPS E8080」に11.6Ahの大容量バッテリーを搭載。最長115km(ECOモード使用時)走行できます。カラーは、記事内のLG WHITE以外にMATT LG BLACKも用意。重量は18kg。価格は363,000円(税込)。詳しくはこちら

ステップワゴンにe-bikeを載せてラクラク車中泊&サイクリング

 

岩田 美音

岩田 美音(いわた みおん)さん
モデル事務所所属を経て現在はフリーで活動中。洋服、着物(自分で着付けができる!)、アクセサリーなどのイメージや広告、サロンモデル、ブライダルショーモデル、さらにプロモーションビデオなどの映像作品出演まで、幅広く活躍しています。好きな食べ物はお肉、イクラ、チョコレート、スイカ、イチゴ。
公式サイト CLOUDCASTING「岩田 美音」
Instagram @mion3noim
Twitter @mion3noim

 

文/村上 俊一
写真/和田 清志

撮影協力/島田市観光協会
RVパーク静岡