当サイト内のおでかけ情報に関して

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、事前にお住まいの地域やお出かけ先の情報を確認し、ご計画をお願いいたします。

ハイゼットカーゴがおしゃれな車中泊仕様に!アイデアが凝縮したウルトラ軽なキャンピングカー

ダイハツの商用バン「ハイゼットカーゴ」をDIYでカスタムした編集者・ライターの渡辺圭史さんが、愛車ハイゼットカーゴの荷室に座っているところ

小学2年生の頃からキャンプを始めたという生粋のアウトドア好きにして、キャンピングカー専門誌の編集長を務めた経験を持つ渡辺 圭史さん。いわば車中泊やオートキャンプのプロ中のプロですから、その愛車はきっと隅々までカスタムが施された1台のはず。

そう思って取材場所である埼玉県・飯能のケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場を訪れてみると、やってきたのは、一見するとごく普通の商用バン、ダイハツ ハイゼットカーゴ。しかしその中を覗いてみると、さすがプロと思わせる工夫に満ちた驚きの快適空間が広がっているのでした!

キャンピングカーや車中泊についての情報を発信するアウトドア好きの編集者・ライターの渡辺圭史さん
渡辺 圭史(わたなべ けいし)さん
1971年、東京都生まれ。アウトドア好きなフリーランス編集者、ライター。アウトドア用品メーカー、出版社を経て、キャンピングカー専門誌『キャンプカーマガジン』編集長に。現在はWebサイト「キャンピングカーナビ」編集長を務めながら、いろいろなメディアでキャンピングカーや車中泊についての情報を発信中。
Instagram keishi1971

目次

 

ハイゼットカーゴの中身は驚きの車中泊仕様

ダイハツハイゼットカーゴを斜め前から見たところ

 

ダイハツハイゼットカーゴを斜め後ろから見たところ

 

渡辺さんのクルマは、外装はほとんど変えていないんですね。

渡辺:商用バンの姿かたちが好きだということもありますし、目立つ見た目にすると「昨日、あそこにいたでしょ?」って知り合いに見つかりやすくなるので、外側はあえてそのままにしています。外から見たときに車中泊仕様だとわからないようにしたかったので、ソーラーパネルも取り付けていないんです。

ハイゼットカーゴは業務用のイメージが強いので、このクルマに乗ってキャンピングカーのイベントを取材に行くと、会場のスタッフに、お弁当屋さんの配達車とまちがわれたりしますね(笑)。

 

ダイハツハイゼットカーゴのバックドアを開けたところ。天井と床が板張りにカスタムされている

 

見るからに車中泊仕様にしていると、仮眠中に巡回中のおまわりさんから窓をノックされるという話も聞くので、シンプルな外見のほうが使い勝手がいいのかもしれませんね。それでは内装を紹介してください!

渡辺:まず、2シーターの車両をベースに、カーゴルーム(荷室)を天井からフロアまで板張りにしています。材質はほぼすべて杉材を使っています。

 

ハイゼットカーゴの荷室の床は、厚みのある杉の無垢材を敷いている

 

杉の無垢材のアップ。板の表面に溝を作り、金具で連結している

渡辺:床には、カフェなどのフローリング用の、厚手の杉の無垢材を使用しました。商用車のフロアには凹凸があるんですが、厚みのある板を使うことで、地ならしをしなくても上面をフラットにすることができます。連結の金具をはめる溝の部分だけ少しフローリングを削って面一(ツライチ)にすることで、足が引っかからないようにしました。

 

車中泊用のベッドキットやフロア材がいろいろ発売されていますが、それらを使わなかったのはなぜですか?

渡辺:ベッドキットを組むと、天井までの距離が近くなって空間が狭くなり、車内での着替えがしにくくなります。杉の無垢材を使ったのは、使っているうちに傷がついても味わいとして楽しめると思ったから。また、僕の場合、就寝時の快適さよりも、オフィスとしての作業のしやすさを重視したので、床材を直張りする方法を選びました。

 

床の上に、サーマレストのマットレス「リッジレスト ソーライト」を敷き、その上にチマヨラグを重ねている

渡辺:就寝の際は、サーマレストのマットレス「リッジレスト ソーライト」の上にチマヨラグを重ねて敷いています。これに電気毛布とハイランダーの封筒型ダウンシュラフを組み合わせれば、冬季でも十分暖かいですよ。

 

車内のカーテンを閉め、ハイランダーの封筒型ダウンシュラフに入り、渡辺さんが寝ているところ

渡辺:また、クルマ用のカーテンレールを周囲に設置しているので、就寝や着替えのときのプライバシーも確保できています。

 

カーゴルームのリアの窓には自作したウッドブラインドがついている

 

ウッドブラインを取り外すと、木枠の裏側に磁石が貼ってある

渡辺:カーゴルームのリアの窓には、シナ合板をカットして自作したウッドブラインドを取り付けました。木枠の裏側には100均で買った磁石を瞬間接着剤で貼りつけてあるので、取り付けるのも取り外すのも簡単です。

ここだけカーテンではなくブラインドにしたのは、完全に外の光を遮断せず、朝日が昇ったことがわかるようにするためです。ただ、急いで作ったこともあって粗さが目立つので、そのうち作り直したいと思っています。

 

壁の天井に近いところに板を貼ってフックをつけている。フックには、リンゴが入ったネットバッグを吊るしたり、フェイクグリーンを飾ったりしている

 

壁の天井に近いところに板を貼ってフックをつけて、洋服などをハンガーで掛けている

渡辺:両サイドの天井近くに、1×2(ワンバイツー)材とフックを組み合わせて、ハンガーを掛けられるようにしています。軽バンだとスペースの関係でクローゼットや収納棚は作りにくいので、こういったフックとハンガーを活用する方法を思いつきました。ネットバッグには朝食用の果物や小物類を入れています。

 

クルマ用の消臭剤、家庭用の消臭剤、アロマポプリ

渡辺:快適な車中泊のために、意外と重要なのが臭い対策。車中泊、とくに連泊をしたりするとどうしても生活臭が出てしまいます。その臭いの原因は汗や体臭、食べ物などが混じりあったものだと思いますが、この生活臭はクルマ用の消臭剤だけでは解消できないんです。そのため僕はクルマ用と家庭用の消臭剤、さらにアロマポプリを組み合わせて使用しています。

 

杉の無垢材で天井と床を板張りに

天井に杉板を張っている作業の途中の写真

天井に杉の内装材を張っていく作業の途中の写真。天井のカーブに合わせて板にも少し丸みがつくように固定するのがポイント  写真提供:渡辺 圭史

 

天井のフレームに下地材を結束バンドで固定したところ

天井のフレームに結束バンドで下地材を固定したところ 写真提供:渡辺 圭史

渡辺:天井と壁には、薄手の杉の内装材を使用しています。こちらは制作中の写真なのですが、天井のフレームに下地材を結束バンドで固定し、断熱材を入れてから下地材に杉材をネジで留めています。そうすることで、ボディに穴を開けずに施工できるんです。

総重量がもともとの車重の1.1倍以下なので、このままの状態でも構造変更申請を行わずに車検を通せるのですが、念のため床材も簡単に取り外せるようにしてあります。

 

板張りの天井を下から見たところ。天井の端を黒いゴムで縁取っている

 

ボディに穴を開けると漏水の原因になったり、元に戻せないカスタムだとクルマのリセールバリューが下がったり、といったデメリットがありますものね。それから、天井の縁(へり)の処理もきれいで驚きました。

渡辺:これもホームセンターで見つけた素材で、「溝ゴム」や「差し込みゴム」という商品名で販売されています。無垢材は湿気で膨らんだり縮んだりしますから、縁の部分にどうしてもガタつきが出てくるんですね。それで、その部分を隠す工夫が必要なんですが、このゴムを使ったことで、一気に純正パーツ感が出たように思います(笑)。

 

SUAOKIのポータブル電源で冬の車中泊も快適

バックドアを開けて荷室全体が見える状態

天井にはLEDのダウンライトを仕込んでありますが、ライトは車体のバッテリーからではなく、SUAOKI(スアオキ)のポータブル電源から給電される仕組みにしています。

 

SUAOKI(スアオキ)のポータブル電源

 

ポータブル電源はセンターコンソールにシンデレラフィットしているし、サイドのテーブルもクーラーボックスときれいに並んでいますね。

 

YETI(イエティ)のクーラーボックスとサイドテーブルが並んでいる車内

渡辺自分の持ち物に合わせてぴったりと設計できるのがDIYのいいところ。サイドに置いたテーブルもDIYで作ったものなのですが、その長さはYETI(イエティ)のクーラーボックスを置いたときにぴったりになるように決めました。サイドテーブルの下はワイン箱を使った物入れになっていて、カセットコンロなどの小物を収納しています。

 

キャンピングカーやトランポ(トランスポーター)だと、サブバッテリーを増設する場合も多いですが、なぜポータブル電源を選んだんですか?

渡辺サブバッテリーのほうが走行充電も楽だし容量も大きいんですが、DIYで設置するのはハードルが高い。電子レンジや冷蔵庫などを置くつもりはないので、大容量のサブバッテリーは必要ないと判断しました。

ポータブル電源ならシガーソケットから充電できますし、ソケットとバッテリーの間に昇圧コンバーターをはさめばフル充電も可能です。これ1つあれば、冬場の電気毛布も、ひと晩なんとか持ちますよ。

 

カインズのKumimoku(クミモク)の4口電源タップを壁に設置している

渡辺:荷室の壁の後方には、4口の電源タップを設置しています。これはカインズのオリジナルDIYブランド「Kumimoku(クミモク)」の商品。Kumimokuは、おしゃれでリーズナブルなアイテムが揃っているのでよくチェックしています。

 

外部電源から給電しているところ

渡辺:この電源タップは、クルマのバッテリーやポータブル電源からではなく、キャンプ場などの外部電源から給電できるようにしています。また、給電用のタップはバンパーの下部に設置してあります。

 

テーブルも自作だからこそピッタリサイズ

床とフロアパンの隙間にテーブルやタープを収納している

渡辺:ハイゼットカーゴの2シーターは、フロアとフロアパンのあいだに隙間があるんですが、このスペースを利用してアウトドアテーブルやタープを収納しています。このスペースがあったのも、2シーターの商用バンを選んだ理由の1つですね。

 

ガラス製のウォータージャグと漏斗(ろうと)とポリタンクを組み合わせて自作した簡易シンク

渡辺:サイドテーブルには、ガラス製のウォータージャグと漏斗(ろうと)とポリタンクを組み合わせて簡易シンクを自作しました。歯磨きやコーヒーを沸かすときに使用しています。

 

荷掛け用の穴(ユースフルホール)にカラビナでサイドテーブルの脚を固定している

渡辺荷掛け用の穴(ユースフルホール)が空いているのも商用車ならではです。こうやってカラビナでサイドテーブルの脚をつないでおけば、山道などのワインディングを走ってもズレることはありません。

 

サイドテーブルをリア側に横置きして、外を眺めながら仕事をする渡辺圭史さん

渡辺:サイドテーブルは横置きにすることも可能です。自然豊かな場所にクルマをとめて、バックドアを開けて外の景色を眺めながら仕事をするのは、とても気持ちいいですよ!

 

カーサイドタープを設置している渡辺さん

 

車両のレインガーター(雨どい)にキャプテンスタッグのテント・タープ用カージョイントを取り付けているところ

渡辺:キャンプの際は、タープを設置します。一般的なキャンプ用のタープだと、このハイゼットカーゴには大きすぎるので、いろいろ探した結果、Kookaburra(クッカバラ)の日除けシェードセイルという、ガーデニング用のタープがぴったりでした。車両のレインガーター(雨どい)に、キャプテンスタッグのテント・タープ用カージョイントを取り付けて固定しています。

 

自作したアウトドア用テーブルを組み立てているところ

渡辺アウトドア用テーブルも、自作したものです。テーブルの天板は車内のテーブルと同じ杉板で、脚はソーホースブラケットと呼ばれる作業台やテーブルの脚用パーツと、杉の2×4(ツーバイフォー)材を組み合わせました。こちらもハイゼットカーゴの床下スペースにぴったり収納できるサイズで作りました。

テーブルの木材にスチールウールを浸したお酢を塗ることで、使い込んだ風合いを出しています。 DIY好きの間ではよく知られているテクニックで、木材の中のタンニンが鉄と反応することで色合いがシャビー(古めかしい)に変わるんです。

 

自作テーブルの上でコーヒーを入れる渡辺さん

 

3日で完成! 誰でも真似できる簡単カスタム

ウォータージャグからケトルに水を入れている渡辺さん

 

それにしても、さすがプロならではのアイデアとこだわりが込められたクルマですね。この車両をベースに選んだのは理由があるんですか?

渡辺:まず、「四駆の軽バンで2シーター」という条件で探して、エブリイとハイゼットカーゴが候補になりました。エブリイのほうが車内空間は数センチだけ広いんですが、センターにバッテリー用のメンテナンスホールがあるんです。整備のたびにウッドフロアを取り外すのも面倒なので、最終的にハイゼットカーゴを選びました。

このクルマは、平成20年式のハイゼット10代目にあたるモデルで、この世代からエンジンが改良されていることもあって、値段と性能の兼ね合いも考慮して決めました。約20万円で手に入れて、内装の材料代は10万円ほどで、3日かけて作りました。

 

静岡県伊東市の道の駅「伊東マリンタウン」にて。バックドアを開けて、外には海とボートが見える

静岡県伊東市の道の駅「伊東マリンタウン」にて。写真提供:渡辺 圭史

 

本格的なウッド内装のキャンピングカーなのに、 すごくリーズナブルで、しかも短期間で完成したんですね!

渡辺:「キャンピングカーがほしい」と思ったときに、誰でも手に入る形を模索したのがこのクルマです。だから「簡単に真似できる」というのがポイント。自動車整備の知識がなくても、日曜大工レベルで作れますし、使った材料もすべてホームセンターやアマゾンで手に入るものです。

僕はキャンピングカー専門誌の編集長を務めてきましたが、若者がキャンピングカーを手に入れるのは夢のまた夢、といった現状をなんとかしたかったんです。キッチンやシャワー、トイレなどの設備がついた大型キャンピングカーを所有できるのは、ある程度、経済的に余裕のある人に限られますが、若者たちにこそ、もっとキャンピングカーを使って旅をしてほしいなと。

日本では長らく若者のクルマ離れが叫ばれ続けていますが、若者だってクルマがほしくないわけではないんですよね(笑)。もっと手頃な値段で買えて維持費も安くなれば、クルマに乗りたい若者はたくさんいます。

僕がこのクルマを買ったのは2017年で、ちょうどバンライフが日本でも注目を浴び始めた頃でした。バンライフというのはまさに、若者たちの「クルマで気軽に旅をしながら暮らしたい」というニーズから生まれたライフスタイル。もともとアメリカのヒッピーカルチャーやサーフカルチャーをルーツに持つだけあって、自分でリーズナブルに作ろうというのが主流です。本格的なキャンピングカーではなくても、商用バンをDIYで改造して自分らしいクルマを作ればいいんですよね。

ですから、クルマ業界に関わっている人間のひとりとして、「手軽で楽しいクルマの遊び方があるよ」と若い人たちに伝えたくて、このクルマを作ったという側面が大きいですね。

 

東京都品川区・潮風公園の駐車場にて、バックドアを開けて中から外を見たところ。車内には自転車を積んでいる

自転車を積んで出かけることも。東京都品川区・潮風公園の駐車場にて(注:現在、潮風公園の駐車場は閉鎖されています) 写真提供:渡辺 圭史

 

確かにこのクルマなら日常の足としても使えますし、ソロで車中泊するには十分な装備ですね。

渡辺:とはいえ、快適性でいえば、専門メーカーが架装したキャンピングカーにはかないません。キャンピングカーが「移動式の家」だとしたら、あくまで僕のクルマはキャンプの延長線上にある「動くテント」くらいのイメージですね。

僕は以前、ウルトラライトハイク(極限まで軽量化した道具と荷物で長距離を歩く、ストイックなアウトドアスタイル)についての本を企画したことがあるんですが、このクルマはウルトラライトなキャンピングカー、というイメージです。

「軽」バンをベースに、お手「軽」に作った、ウルトラ「ライト(軽)」スタイルのクルマ。3つの軽が合わさった「ウルトラ軽なキャンピングカー」ですね。

 

リアウィンドウの外にビル街が見える

時間制限駐車区間にクルマを駐車すれば、都心の一等地でコーヒー休憩できる。写真提供:渡辺 圭史

 

こんなクルマがあれば趣味だけでなく仕事の幅も広がりそうですね。実際に渡辺さんはお仕事でも活用されているそうですね。

渡辺:オフィス、仕事場として使っているはもちろんのこと、仕事柄、キャンピングカーやカスタムカーを取材をすることが多いので、季節を問わず取材先へ前日入りして仮眠をとって、翌日の朝から取材と撮影をするという使い方をしています。

 

スマホ画面に、温度計のアプリが表示されている

また最近は、このクルマで実際に車中泊をして体験レポートを書くこともよくあります。これは、温度計のアプリの表示画面なんですが、車内とバンパー下にセンサーを設置していて、車内の気温と車外の気温がわかるようにしてあります。「こういった装備で、気温が何度になると、こういうふうに車中泊できた」といったことを調べるためです。

 

キャンピングカーはもっと面白くなっていく

ハイゼットカーゴの荷室に座っている渡辺さん

 

コロナ禍の中で、三密を避けるためにキャンプや車中泊といったアクティビティに、よりいっそう関心が高まっていますが、渡辺さんはどのように感じていますか?

渡辺:コロナ禍以前からアウトドアはブームになっていましたが、アウトドア×クルマというジャンルには追い風になっていると思います。クルマという要素が加わることで、三密を避けながら移動ができて、オープンエアの中で快適に過ごせるようになる。キャンピングカーやバンライフ、車中泊は今の時代にフィットしていると思います。

キャンピングカーの展示会にくるお客さんたちを見ていると、これまでは購入前提でカタログをしっかり調べた上で実車を見にくる人が多かったんですが、最近は興味を持ったのでとりあえず見にきたという人たちが増えた印象があります。日本でもキャンプブームが続き、バンライフのカルチャーが普及してきたこともあって、キャンピングカー人口の裾野が大きく拡がっているのはまちがいないですね。

海外ではさらに一歩進んで、DIYで作っているけれど、もっとラグジュアリーで完成度の高いクルマが登場するようになりました。日本でもこれからもっとDIYのキャンピングカー分野は成熟していくと思います。また大手の自動車メーカーが、バンライフのテイストを取り入れたキットやコンプリートカーモデル、純正オプション品を作るようになってきたのも大きな変化です。

まずは僕のクルマを見て、「こんなに手軽にキャンピングカーが作れるんだ」ってことを知ってもらえたら、そしてDIYにチャレンジしてもらえたらうれしいですね。

 

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場で、カーサイドタープの下でコーヒーを飲む渡辺さん

 

取材・文/廣田 俊介
写真/木村 琢也
編集/平林 享子(LIG)

撮影協力/ケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場

 

※1 本記事を参考にされる場合は、自己責任にもとづいたご判断のうえ行ってください。

※2 本記事に掲載された情報は、記事公開時点のものです。

 

関連記事