当サイト内のおでかけ情報に関して

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、事前にお住まいの地域やお出かけ先の情報を確認し、ご計画をお願いいたします。

俺の・私の車中泊グッズ④「レベラー(カースロープ)」鈴木大地さん

俺の・私の車中泊グッズ④「レベラー(カースロープ)」鈴木大地さんのアイキャッチ画像

目次

「俺の・私の車中泊グッズ」連載は、車中泊の経験が豊富なプロたちから、あったら便利なおすすめ車中泊アイテムを教えてもらうシリーズです。今回は、バンビルダーの鈴木大地さんに、レベラー(カースロープ)を紹介してもらいました!(紹介者プロフィールは記事末)

 

レベラー(カースロープ)は、傾斜のある場所でクルマを水平にするアイテム

レベラー(カースロープ)の写真

 

これはなんですか?

鈴木さん:レベラーです。カースロープとも呼ばれます。クルマの車輪の下に敷くことで、車体を水平に近づけるものです。

 

なぜこれがオススメですか?

鈴木さん駐車場って水はけの観点から意外と水平ではないところも多くて、そうした傾斜がついた場所で車中泊をするときに車体をできるだけ水平に近づけるために使います。頭が下がった状態で寝てしまうと気持ち悪くなったり、そもそも寝付けなかったりするので。

 

レベラー(カースロープ)を後輪の下にかませて車体がその上に乗っている写真

 

鈴木さんオートキャンプ場でも同じように排水の関係から傾斜がついていたり、自然の地形を活かしたサイトでは地面が水平ではないことはむしろ当然。それでもできるだけ水平な場所を探して停めるようにはしていますが、考えることはみんな同じで、水平な場所はすでに埋まっていていることも多く、そういうときに重宝しています。

 

鈴木大地さんがレベラー(カースロープ)を後輪のタイヤの下にかませている写真

 

どうやって使うのですか?

鈴木さん:前輪もしくは後輪にかませるようにレベラーを置いて、その上にゆっくりとクルマを乗せていきます。水平器を見ながらクルマを乗っけていくこともあります。

 

鈴木さん:水平器は大工という仕事柄たくさん持っていますし、今では100円ショップでも売っているので車中泊をよくする方はひとつ持っておくと便利かもしれませんね。

 

キャンピングカーユーザーにはおなじみの便利アイテム

鈴木大地さんがレベラー(カースロープ)の上に車を乗せている写真

 

この商品を知ったきっかけは?

鈴木さん:クルマを買ったときから知ってはいましたが、バンライフというクルマ中心の生活になってから使い始めました。キャンピングカーユーザーの間ではよく使われている商品です。

 

 

どこで買いましたか?

鈴木さん:ネットで購入しました。いろいろ種類があって、僕が一番最初に買ったのはFIAMMA(フィアマ)というメーカーのもの。

 

鈴木さんレベラーはけっこうサイズが大きいので、サイズ感や車内で収納する場所はすこし気を付けたほうがよいかもしれません。僕のクルマは収納部分がかなり大きいので気にしたことはないのですが(笑)

 

 

紹介者プロフィール:鈴木大地さん

鈴木大地さん

鈴木 大地(すずき だいち)さん
ベテラン大工として、主に店舗やマンションなどの改装を手がけつつ、2018年からバンライフをスタート。ハイセンスなカスタムがまたたく間に話題を呼び、現在は「バンライフビルダー」としても活動。BS日テレ『極上!三ツ星キャンプ』をはじめ、テレビや雑誌、イベントでバンライフのDIY術を披露するほか、依頼を受けてクルマのカスタムも行う。
Instagram @daichi_suzuki.jp

 

※1 バンパーやロアスカート、マッドガードへの損傷がないが確認したうえで、自己責任にもとづいてご使用ください。 

※2 記事の内容は公開時時点での情報です。

 

文・写真/神山ともひろ