当サイト内のおでかけ情報に関して

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、事前にお住まいの地域やお出かけ先の情報を確認し、ご計画をお願いいたします。

俺の・私の車中泊グッズ③「小物入れ:ポールポケット」三沢真実さん

俺の・私の車中泊グッズ「帆布の小物入れ:スプーンフル」三沢真実さんのアイキャッチ画像

目次

「俺の・私の車中泊グッズ」連載は、車中泊の経験が豊富なプロたちから、あったら便利なおすすめ車中泊アイテムを教えてもらうシリーズです。今回は、車中泊を楽しむキャンプコーディネーター三沢真実さんに、帆布の小物入れ:ポールポケットを紹介してもらいました!(紹介者プロフィールは記事末)

 

車内での小物の行方不明を防ぐ帆布の小物入れ:SPOONFUL ポールポケット

帆布の小物入れSPOONFUL(スプーンフル)のポールポケットを運転席上のルーフコンソールにS字フックでぶら下げて小物を入れて使っている写真

 

これはなんですか?

三沢さん:SPOONFUL(スプーンフル)というメーカーの「ポールポケット」です。これ、本来は車中泊用ではなく、キャンプシーンでの利用を想定したアイテム。テントやタープのポールなどにヒモで固定して小物入れとして使います。

 

帆布の小物入れSPOONFUL(スプーンフル)のポールポケットを使っている写真

キャンプシーンでポールに結んで小物入れとして使用するのがオリジナルの使い方(写真:三沢真実さん提供)

 

なぜこれがオススメですか?

三沢さん車中泊するときって車内で小物が行方不明になりやすいんです。ふだんポケットなどに入れているスマホやクルマのキー、パスケースやリップクリームなどは本当にすぐにいなくなってしまう(笑)。

 

三沢さん:かといって車内では寝るスペースをできるだけ広くとりたいので、床置きの小物入れは使いたくない。ということで、この小物入れを車内で使っています。

 

帆布の小物入れSPOONFUL(スプーンフル)のポールポケットをクルマの助手席のシートに巻き付けて使っている写真

帆布の小物入れSPOONFUL(スプーンフル)のポールポケットを運転席上のルーフコンソールにS字フックでぶら下げて小物を入れて使っている写真

 

どうやって使うのですか?

三沢さん運転席上のルーフコンソールにS字フックでぶら下げたり、座席シートにかけるようにして使ったり……どちらの使い方でも車中泊のときの小物入れとして重宝しています。

 

三沢さん座席シートにかけておくと、車内で寝転がっているときにも手を伸ばせば小物の出し入れができてとても便利。横幅のサイズもわたしのクルマ(エブリイ)の座席に割とぴったりで。旅先でもらったパンフレットなどを入れるのにも役立っていますね。

 

キャンプシーンでも活躍する優れモノ!

帆布の小物入れSPOONFUL(スプーンフル)のポールポケットを広げている写真

帆布の小物入れSPOONFUL(スプーンフル)のポールポケットのジッパーを引き上げている写真
両サイドがジッパーになっており、そこをつなげてポールなどに結びつける

 

この商品を知ったきっかけは?

三沢さん:このメーカーの方と知り合いで、サンプルを見せてもらったときに「これだ!」と思い、その場で購入しました。車内をカスタムしたてのころで、車中泊に便利なアイテムを探していたんですが、なかなかいいものが見つからずに困っていたところでした。

 

三沢さん:キャンプシーンで使うときは、ウェットティッシュやトーチ、軍手やハサミなどを入れておくことが多いです。すぐに取り出せて、ぱっと戻せるのでとても便利ですよ。

 

どこで買えますか?

三沢さん:ネットで購入できます。アースカラーを中心に3色のカラーバリエーションがあるのもうれしいですね。

 

SPOONFUL(スプーンフル)「ポールポケット」の公式サイト

 

紹介者プロフィール:三沢真実さん

2 レトロなカスタムカー。キャンプコーディネーターの三沢真実さん。

三沢 真実(みさわ まみ)さん
クリエイティブデザイナー、キャンプコーディネーター。日本各地のキャンプ場やアウトドアブランドなどとコラボしながら空間装飾を行う。代表を務めるクリエイターズユニット「CAMMOC(キャンモック)」 では、「キャンプのある暮らし」をテーマにアウトドアの魅力を発信。また、車中泊の旅の様子をWebマガジン『ソトビラ』で「アリとおかあさんの車旅」として連載中。
個人サイト  Mami Designs, and…
Instagram @mamimisawa

 

※記事の内容は公開時時点での情報です。

 

文・写真/神山ともひろ