当サイト内のおでかけ情報に関して

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、事前にお住まいの地域やお出かけ先の情報を確認し、ご計画をお願いいたします。

俺の・私の車中泊グッズ⑥「ハンドルテーブル(ステアリングテーブル)」井上いちろうさん

俺の・私の車中泊グッズ⑥ハンドルテーブル(ステアリングテーブル)井上いちろうさんのアイキャッチ画像

目次

「俺の・私の車中泊グッズ」連載は、車中泊の経験が豊富なプロたちから、あったら便利なおすすめ車中泊アイテムを教えてもらうシリーズです。今回は、車中泊漫画家の井上いちろうさんに、ハンドルテーブル(ステアリングテーブル)を紹介してもらいました!(紹介者プロフィールは記事末)

 

ステアリングの上で作業ができるアイテム

井上いちろうさんがハンドルテーブル(ステアリングテーブル)をステアリングに付けている写真

 

これはなんですか?

井上さん:ステアリングテーブル(ハンドルテーブル)です。文字通りステアリング(ハンドル)の上をテーブルとして使えるようにする道具です。

 

なぜこれがオススメですか?

井上さん運転席に座った状態で、いろいろとデスク作業ができるので使っています。僕は車中泊漫画家で、マンガのほとんどは車内で描いています。そのときiPadを使って描くのですが、運転席で描くときにはこの上にiPadを置くと、ちょうどいい塩梅なんです。

 

井上さん:メモなどの作業はもちろんですが、ちょっとした食事をするのにもとても便利ですよ。

 

井上いちろうさんがハンドルテーブル(ステアリングテーブル)の上に乗せたiPadで作業をしている写真

ちなみに書いているのはこちらの漫画!→ 高速道路SA・PAグルメ旅

 

どうやって使うのですか?

井上さん:ステアリングの上からカポッとはめて使います。高さや角度も自由に調整できるのがとても気に入っています。絵を描くときには、微妙な角度の違いで差が出たりしますし、作業のときと食事のときでは高さや角度を変えたいので。

 

井上さん:この商品のように、テーブルの角度を変えられるハンドルテーブルは意外に少なくて、見つけたときには即購入しました。iPadでマンガを描くときには少し斜めになっていたほうが描きやすいのですが、それに応えてくれる商品は少なく、とても重宝しています。

 

作業や食事だけでなく動画視聴もおすすめ

井上いちろうさんがステアリングテーブルを助手席の後ろにつけての上で作業している写真

 

知ったきっかけは?

井上さん:僕は車内で仕事をするので、こうしたステアリングに付けられるテーブルをずっと探していました。

 

井上さん:最近では助手席の後ろにつけて使うこともあります。運転席、荷室につづいて第3の仕事場と僕は呼んでいるのですが(笑)、作業する場所を変えることで違うアイデアが湧いてくることもあるので。同じように助手席の後ろにつけてiPadなどを置いて、動画視聴もできますよ。

 

井上いちろうさんがハンドルテーブル(ステアリングテーブル)をステアリングに付けて角度を調整している写真

 

どこで買いましたか?

井上さん:たまたま入ったカー用品店で見つけて購入しました。テーブルの角度が調整できるのと、アルミ製で丈夫なことが購入のポイントでした。

 

井上さん:ネットでも買えますが、種類は多くなくて、プラスチック製が多い印象です。私のはサンワダイレクトというパソコン周辺機器メーカーのもので、カー用品店ではあまり見かけません。だから見つけたときは嬉しくてすぐ買っちゃいましたね。

 

井上いちろうさんがステアリングテーブルをもっている写真

 

紹介者プロフィール:井上 いちろうさん

車中泊漫画家井上いちろうのプロフィールイラスト車中泊漫画家
井上 いちろう(いのうえ・いちろう)

1994年ちばてつや賞優秀新人賞受賞。その後ギャンブル漫画を中心に活躍、現在は訳あって車中泊生活となり、全国を旅しながら車中で漫画を執筆してTwitterに投稿している。

Twitter @haibiitirou

 

※1 運転の妨げにならないところで自己責任にもとづいてご使用下さい。
※2 記事の内容は公開時時点での情報です。

 

文・写真/神山ともひろ