クルマDIY女子へインタビュー! ボロボロの中古車が私の愛車になるまで

はなえ さんとロードスター

「クルマ好き」と聞くと、男性が多いというイメージを持っている人が多いでしょう。

実際に自動車業界に身を置いているカエライフ編集部の体感からも、クルマ好きな女性は男性に比べると少ないと感じます。ましてや「カスタム」や「クルマいじり」まで嗜んでいる女性となると、なかなかお目にかかれません。

では、そんな希少な存在である彼女たちはどのようにカーライフを楽しんでいるのか?

今回はボロボロのロードスターを自分だけの特別な一台にカスタム・レストアした、はなえ さんに話を伺いました。

※ 経年劣化した古いクルマを修理し、キレイな状態へ戻すこと

  • 愛車を持ったきっかけは?
  • どんなクルマに乗っているの?
  • DIYの内容は?
  • 運転する頻度は?
  • クルマを所有する前と後で生活は変わった?

・・・などなど、気になる疑問を編集部のかまやんがぶつけてきました!
この記事をきっかけに、クルマやカスタムの楽しさに目覚める女子が一人でも増えてくれたらうれしいです。

 

はなえ さん
はなえ さん
人と関わることが好きな性格で、大学時代のインターン先であるシブヤ大学の運営に現在も関わるなど、さまざまなコミュニティに属している。趣味は料理、ディジュリドゥ演奏(アボリジニの伝統楽器)。自動車関連会社勤務5年目。

目次

 

愛車との出会い クルマを持ったきっかけは?

― 詳しいお話は後ほどじっくり伺うとして・・・早速ですが、愛車を見せてください!

はなえ さん

はなえ
こちらのロードスターです。年式は2003年です。

はなえ さんとロードスター②

マツダ・ロードスター NB系

 

― マット調の水色がかわいいですね!しかも2003年式とは思えないほどキレイ!

はなえ さん

はなえ
でしょ?よく言われます♪(笑)けど、今の状態になるまで、幾多の困難を乗り越えてきました……。 元々はまるで戦った後のようなボロボロのクルマだったんですよ。

 

DIY前のロードスター

DIY前のロードスター

 

― !?…衝撃のビフォーアフターですね!?

はなえ さん

はなえ
外装の塗装が劣化で剥がれてたり、あちこち凹んでいたり(笑)
実は先輩から23万円で譲ってもらったボロボロのクルマをレストアしたんですよ。

 

― しかも自分で!?
自動車関連会社に勤務されてますし、もともとクルマ好きだったのですか?

はなえ さん

はなえ
いえ。志望理由は「ヒトが移動することで得られる価値って素敵だな」と思ったからで、クルマ好きだったわけではないんです。免許も入社直前の2月に免許合宿で取ったくらいです(笑)

はなえ さん

はなえ
けれども入社1年目の時に仕事の中で当たり前のように出てくる専門用語がわからなくて苦労しました。目の前にいるお客さまも当然クルマ好きなわけで、「このままではまずい」って思ったんです。まずはクルマに興味を持つことを目的に行動を起こしていった結果、今に至ります。

 

ロードスター後ろ

― 具体的にどんなアクションをとったんですか?

はなえ さん

はなえ
私は人繋がりで何かに興味を持ったり、学んだりすることが多いんです。「とりあえずクルマ好きが集まるコミュニティに入れば、自分もクルマ好きになるだろう」という考えで、会社のクラブ活動「モータースポーツ部」に入部しました。

 

― どんな活動をするのですか?

はなえ さん

はなえ
レース出場に向けたクルマいじり、実際にサーキット走行もします。モータースポーツを通じて、クルマを知ることを目指しています。

― 初心者でいきなり飛び込む行動力がすごい。
クルマ好きのコミュニティって敷居が高いというか・・・一見さんお断り!みたいなイメージなんですけど、大丈夫でしたか?(汗)

はなえ さん

はなえ
みんな快く、無知な私を迎え入れてくれましたよ。 私のペーパードライバー脱出のためにクルマを貸してくれたり、猛特訓に付き合ってくれたり。先輩方には本当に親切にしていただきました。

 

サーキット走行デビューの写真

サーキット走行デビュー

 

― ……偏見でしたね、すみません!!(笑)
それで、徐々にクルマに興味を持ってマイカーを持とうと?

はなえ さん

はなえ
はい。人のクルマを借りるのって怖いし、何よりクルマを持ってる人が考えてることを知りたいと思って。

 

― 新車を購入する選択肢はなかったのですか?

はなえ さん

はなえ
なかったですね。とりあえず安くていいからぶつけても心のダメージが少ないクルマを探すことにしたんです。

 

― それでボロボロのロードスターを譲ってもらったと。周りからの反応は?

はなえ さん

はなえ
友人からは冗談まじりで「なんでこんなクルマに乗ってるのか!?」「それでも女子か!?」とよく言われました(笑)
あとはいつも駐車場のお隣さんが、私のクルマと距離をとって塀すれすれに停めるんですよね。おそらく助手席からおりてます(笑)

駐車時のイメージ

― 運転が下手な人だと思われて、警戒されてたんでしょうか(笑)マイカーを手に入れて、新しい発見や苦労はありましたか?

はなえ さん

はなえ
まず思ったより維持費が高くてびっくりしました。古いクルマだから自動車税が高いんですよね。
あとは雨漏りでフロアがびしょびしょになってしまったり、ドア連動機能なんてもちろんないので室内灯つけっぱなしでバッテリーが上がってしまったり、アイドリングがおかしくなったり……常にトラブルだらけでしたが、その度に周りの人に助けてもらいました。クルマを持つ人にしかわからない苦労を知れてよかったと思っています。

 

はなえ さん

 

カスタマイズというより大工事!世界に一つだけの愛車になるまで

― そこからカスタムしていった過程を教えてください。

はなえ さん

はなえ
しばらくはボロボロの状態で乗っていたんです。でも、運転が上手にならなかったんです。普通、新車を買ったら慎重に運転すると思いますが、私の愛車は最初からボロボロなので、そういう心理にならなかったのか……。

 

― ???

はなえ さん

はなえ
1年の間に派手に1回擦り、派手に1回ぶつけました。

 

― さらにボロボロになってしまったと!

はなえ さん

はなえ
はい……。1回目は実家近くの細い道で、ポルシェの大きい車(カイエン)が前方からきて、ビビってしまって。左に寄りすぎてちょっと低めの塀に助手席側のドアをガガガーーーと。この時学びました、「怖かったら無理に避けようとせずに止まる」ということを。

狭い道で対向車とすれ違うイラスト

― 狭い道で対向車がくると焦りますよね…しかもカイエンだとなおさら(笑)2回目は?

はなえ さん

はなえ
恵比寿のこれまた細い路地で対向車がきた時に一刻も早く大通りに出ようとしてしまったんです。曲がれる角度じゃないのに無理やり曲がろうとして、住居の塀の角にフロントバンパーをぶつけて穴をあけました。
あの時の自分に言ってあげたいです。「焦らなくても大丈夫、切り返しが下手くそでもみんな優しく見守ってくれるよ」ということを。

 

― 世のペーパードライバーに刺さる教訓ですね。

はなえ さん

はなえ
周りからは「ぶつけてもなんともないと思ってるでしょ?」とか「ボロボロだから運転が上手くならないんだよ!」って言われました。
あまりに図星すぎたので、修理することにしたんです。結局、修理というより大工事になってしまいましたが(笑)

 

― 業者に頼む、という選択肢はなかったんですか?

はなえ さん

はなえ
凹みの修理って結構な金額がかかるんですよ。私の場合、余裕で車両の価格を超えてしまうので、板金屋さんに頼むという選択肢は真っ先に消え去りました。

 

― それで自分でやろうと。

はなえ さん

はなえ
はい。タダ同然のクルマだし、もうどうにでもなれと(笑)せっかくなら「できないことに挑戦しよう」という好奇心に変わっていました。

 

― どんな作業から着手したんですか?

はなえ さん

はなえ
ブレーキのオーバーホールをしたりしました。

※ ブレーキ部品を分解して点検し、清掃・交換・再組立てすること。

 

― ええ??いきなりブレーキから着手するんですか!?

はなえ さん

はなえ
タイヤにヒビが入ったので、タイヤ交換したんですが、その時に業者から「後ろのブレーキひきずってますね」って言われたんです。先輩に相談した結果、ブレーキのオーバーホールをすることになりました。

 

― 修理期間はどのくらいかかったのですか?

はなえ さん

はなえ
先輩の家に泊まり込みで2日間かかりました。

取り外したブレーキ部品

取り外したブレーキ部品

 

― オーバーホール合宿ですね。次の工事は?

はなえ さん

はなえ
ボディの凹みを直す工事をしました。

 

― どうやって直すのですか?

はなえ さん

はなえ
キレイな別のクルマからの移植、板金・パテ付けの両方やりました。まずは比較的キレイな状態の同じモデルの黒いロードスターから、ドアとフロントバンパーを移植しました。

ドア・フロントバンパーを移植する様子

ドア・フロントバンパーを移植する様子

 

― どこからパーツを探してきたのでしょうか?

はなえ さん

はなえ
ロードスターのメンテナンスサービスをやっている「ガレージAZナカザワ」さんというお店があるんです。廃車になったロードスターもたくさん置いてあって、廃車の山から同じモデルのものを見つけ出しました。

 

― ガラクタの山からお宝を発掘する感覚で楽しそう。赤と黒のツートン時代もあったんですね。これはこれでオシャレじゃないですか(笑)

はなえ さん

はなえ
決して私の趣味ではないですよ(笑)そして、移植できないところは「サンダー」という道具で削って凸凹にした上に「パテ」という塗料を塗り、乾かして硬化させた後に水ヤスリで平面になるまで研いでいきます。

(左)サンダーで削る/(右)パテを塗る様子

(左)サンダーで削る/(右)パテを塗る様子

 

― どうして最初に削るのですか?

はなえ さん

はなえ
塗料がついている状態だと、パテが密着せず後からはがれてきてしまうことがあるので、まずは塗料を綺麗に削りとる必要がありました。

 

― すごく簡単そうに説明してますが、実際難しいんですよね?

はなえ さん

はなえ
めちゃくちゃ時間がかかりました。パテを均等に厚くなりすぎないように盛るのも、削るのにも時間がかかりました。それにパテを盛っていない部分との境目がわからなくなるまで研ぐのも大変でした。研いでも研いでも研いでも平面にならないんですよ、これが!!板金修理ってお金がかかるけど、とても大変な作業なんだなって知れたのは良かったです。

 

― スーパーポジティブですね。平らになった後はいよいよ塗装ですか?

はなえ さん

はなえ
はい!色はこだわりましたよ~。

 

― マットな水色が可愛いですもんね。自分で塗ったようには見えない!経緯を教えてください。

はなえ さん

はなえ
まず、塗料の伸びが良くて素人が塗ってもムラが目立たないマットの水性塗装にすることに決めました。スプレー缶によるメタリック塗装は高いし、ムラが出やすいそうなので。

 

― マット塗装は柔らかい雰囲気でいいですよね。そういえば最近はレーシングカーでもマット塗装が流行ってる気がします。色はどうやって決めたのですか?

はなえ さん

はなえ
2万円くらいなので、塗料屋さんに調色してもらうことにしたのですが、再現できる色がたくさんあって悩みました。そしたら、モータースポーツ部のデザイナーの先輩がシミュレーション画像を作ってくれたんです。
しかも、実際に調色で再現できるカラーに基づいているんです!これを見て、オレンジと迷ったのですが、一番マット調が映えそうな水色に決めました。

カラーシミュレーション画像

カラーシミュレーション

 

― マカロンみたいですね(笑)どうやって塗るんですか?

はなえ さん

はなえ
まずはクリア塗装がはがれて凸凹になっているところをサンダーで平らにして、それ以外の部分は粗目のやすりで傷をつける程度に削って塗料のノリをよくしました。そして、ローラータイプの刷毛で調色した水性塗料を塗っていきます。

ガリガリだったフェンダーもすっかりツルツルに

ガリガリだったフェンダーもすっかりツルツルに

 

― 刷毛で塗っていくって果てしない作業ですね。

はなえ さん

はなえ
自動車メーカーは塗料のプールにつけて塗るんですが、それができたら楽だよなーと思いました(笑)

塗装の様子

 

大工事を振り返って

― カスタマイズならぬ大工事を振り返ってみてどうですか?

はなえ さん

はなえ
自分一人では到底成し得なかったです。常に周りの先輩たちが助けてくれたおかげです。そしてそれはクルマが繋げてくれました
たとえば、カッチカチの錆びたボルトを緩めたり締めたりしてくれたのはいつも男の先輩だったし、エンジンがおかしくなった時に原因を探してくれたのは、メカニックに強い理系の先輩でした。

 

― 時間やお金だけじゃなく、みんなの想いが詰まった特別な愛車になりましたね。実際、工事期間はどのくらいかかったのですか?

はなえ さん

はなえ
2年かかりました。やりだしたら楽しいんですけど、始める前が億劫すぎて…。
周りにあおられながらカメのスピードで進んだ感じです(笑)慣れてる人であれば1ヵ月もかからないと思います。

 

― サポートしてくれた先輩たちは、クルマいじりに詳しかったんですか?

はなえ さん

はなえ
先輩たちにとっても初めての作業がたくさんありました。みんなでYouTubeで調べたりしましたね。便利な世の中です。

ロードスターに乗るはなえ

 

― さらなるカスタマイズも計画しているのでしょうか?

はなえ さん

はなえ
内側がまだ赤いので、直したいです。赤と水色で何ともちぐはぐな配色なので…。あとはスポーティーなホイールをもっとかわいいものに変えようと思っています。

ロードスター内装

 

― 最近はDIYが流行っていますが、クルマいじりやカスタマイズに通じるものはあると思いますか?

はなえ さん

はなえ
DIYが流行っている理由が何となく分かった気がします。完成したもののクオリティより、プロセスの中で得られるものに価値があると思うんです。
手を動かして知ることは大切だし、一緒に手伝ってくれた周りの人との繋がりも強くなった。全部自分の糧になります。DIYは自分だけの体験なので、100人いたら100通りのストーリーがあると思います。

 

― 最後に愛車と出会って変わったことを教えてください。

はなえ さん

はなえ
まず何事にも動じなくなりました。ボロボロのクルマを持つと予期せぬことだらけなので(笑)
それと、行動範囲が圧倒的に広がりましたね。日常の買い物、旅行、趣味のディジュリドゥ演奏をするときに、クルマを持っていないと絶対行かないようなところに行ってみたり。そこで新しい発見があったりして、移動することで得られる価値は大きいなと思います。
私のような大工事はおすすめしませんが、カスタマイズをすれば愛着がわいてさらにカーライフが楽しくなると思いますよ。

― ありがとうございました。

はなえ さん

編集後記

はなえ さんは元々クルマ好きだったわけでもなければ、クルマが必要な生活環境に置かれていたわけでもありません。最初のきっかけはクルマに関する仕事をしていたから。それだけでしたが、今ではとっても素敵でオンリーワンなカーライフを楽しんでいます。きっとクルマの世界に足を踏み入れた当初は、想像もしていなかったでしょう。それだけクルマやカスタムの世界は奥深いのかもしれません。

「プロセスの中で得られるものに価値がある」という言葉が印象的でした。持前の行動力で新しい世界に飛び込み、いろいろな人のサポートを得て、ボロボロの中古車が特別な一台になっていく過程。そこにはこの記事では書ききれないほどのストーリーがあるのだろうと思いました。

大切なクルマをぶつけないために…

幅寄せ時にはHonda純正アクセサリー「フロントカメラシステム」が便利!
ナビ画面に表示される「ノーマルビュー」のガイド線で自車の車幅を確認でき、道路の端への幅寄せをサポート。その他にも左右の見通しをサポートする「ワイドビュー」や前方向の見えにくい場所にある物への注意を促す「シースルービュー」など、カメラ映像による補助機能が充実しています。

 

はなえ さんとロードスター③

 

文/カエライフ編集部
写真/カエライフ編集部(一部、はなえ さん提供)
イラスト/山口 オサム