当サイト内のおでかけ情報に関して

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、事前にお住まいの地域やお出かけ先の情報を確認し、ご計画をお願いいたします。

車中泊をもっと楽しむDIYアイデアを紹介します| 【連載】森風美の「軽バン改造中」vol.16

車中泊を楽しむDIYアイデアを紹介!森風美さん連載記事のアイキャッチ

女子キャンパーとしてさまざまなメディアで活躍中の森 風美(もり ふうみ)さん。

愛車の軽自動車Honda「バモス ホビオ」をDIYでカスタムしながら、キャンプ好き女子の車中泊スタイルを提案しています。

前回の連載記事では憧れだった車内の板張りが完成。念願のバンライフスタイルにカスタムできて大満足の森さんでしたが、その後もDIYを続けながら、さらに愛車をアップグレードさせているのだそう。

そこで今回は、森さんが最近DIYした車内のカスタムやDIYのアイデアについて紹介します。便利なキッチンテーブルや身近な道具の活用術など、車中泊やキャンプで快適に過ごすためのヒントがたくさん登場しますよ!

※2018年5月に販売終了

連載記事はこちら↓↓↓

連載のバナー

 

目次

 

女子キャンパーの森風美さん
森風美(もり ふうみ)さん
年間80泊するキャンプ女子。女性ひとりでも気軽に楽しめる独自のキャンプスタイルをSNSで発信。女性向けアウトドアWebメディア「なちゅガール」の編集長を務める。愛車はHondaの軽バン「バモスホビオ」。初めての著書『はじめよう! ソロキャンプ』(山と溪谷社)が好評発売中。
Instagram @fu_u.m
Twitter @fu_uyu

 

車内のDIYした箇所をまとめて紹介します!

愛車のHondaバモスホビオの車内でくつろぐ森風美さん

こんにちは。キャンプ女子からすっかり車中泊女子が板についてきた森 風美です!

前回の記事ではバンライフビルダーの鈴木 大地さんと一緒に天井の板張りを行ないました。

あのあとも少しずつカスタムを続けていて、ますます便利に車中泊やキャンプができるように進化しています。今回は、最近DIYやカスタムした車内のポイントをまとめてご紹介しますね!

 

ワークスペースとして使える車内の折りたたみ式テーブル&飾り棚

森風美さんがDIYで車内に設置した折りたたみ式テーブルの使用シーン

まずは天井を板張りにしたときに一緒に作った、テーブルと飾り棚を紹介します。このテーブルは使わないときは折りたためるようになっているので、車内のスペースが有効に使えるんです。

飲み物を置いてちょっとひと息つきたいときに使ったり、車内でテレワークをするときにパソコンデスクとして使用したりと、あれからいろんな場面で大活躍! テーブルを広げていても横になれるスペースは確保できるので、本当に自宅にいるような気分で過ごせるようになりました。

 

森風美さんが折りたたみ式テーブルを制作している様子

こちらは制作の際の写真。小物が置けるように上にも天板を取り付けて、天板には表面の保護とツヤ出しの効果がある「WATCO ティンバーガード(ナチュラル)」を塗りました。

 

森風美さんがDIYで制作した飾り棚。マガジンラックにできるようアイデアを凝らしてタオルハンガーを取り付けている

飾り棚は小物を載せるだけでなく、マガジンラックとして使えるように、アイアンのタオルハンガーを付けました。車内の壁は凹凸があるので、棚をまっすぐ取り付けられるように、壁面に下地材を張り付けて高さを調節しています。

テーブルも飾り棚も吊り下げ金具を使用しているので、自由に取り外しができるのもポイント。長期のキャンプやロケ撮影など、ギアをたくさん持っていく必要があるときも、テーブルと棚を外せば元通りの積載量にすぐ戻せるのでとっても便利です。

 

▼テーブルと飾り棚の詳しい制作工程はこちら!

 

キャンプの調理で大活躍!リアバンパーを利用したキッチンテーブル

森風美さんがDIYで制作したキッチンテーブル

新しくDIYで自作したのが、車外に設置できるキッチンテーブル。このテーブルは分解できるので、普段はコンパクトに収納できます。

使うときはクルマのリアバンパーの上に載せるだけで簡単。キャンプ場で調理するときにコンロや食器を置けるので、「ちょっとしたスペースがほしいな〜」というときに活躍してくれます!

 

森風美さんがDIYで制作したキッチンテーブルの裏側。テーブル用金具で脚を取り付けている

 

森風美さんがDIYで制作したキッチンテーブルの裏側。接続部分を見せている画像

天板の板はサイズを調整してカット。脚の部分は鬼目ナット(ネジを使ってパーツを接合・固定できるようにするためのナット)を使おうと思ったのですが、埋め込むのが少し難しかったので、ホームセンターで見つけたテーブル用金具を代わりに使っています。

 

森風美さんがDIYで制作したキッチンテーブルの脚。2本の脚を接着剤でくっつけて高さをあわせている

テーブルの脚もセットで購入したのですが……脚の高さが微妙に合わなかったので、異なる長さの脚を2つ組み合わせて、接着剤を使ってDIYで取り付けました。

 

森風美さんがDIYで制作したキッチンテーブルの天板活用方法を説明する写真
森風美さんがDIYで制作したキッチンテーブルを助手席で使用している写真

実はこのテーブル、他にも使い道がいろいろあるんです。例えば外用のテーブルは寝る時に外に出しっぱなしだと夜露で濡れたり盗難の心配があったりと不安。でも外で使って汚れたものを車内にそのまま置きたくないしな〜……という場合に、天板部分を受け台にしてテーブルを上におけば、車内も汚さず一時的に収納できるんです。

助手席に設置すれば、サービスエリアでご飯を食べるときやメイクを直すときにも重宝。派手じゃないけど、あると便利なアイテムなんです!

 

天井の板張りを有効活用! カーテンの取り付け&マグネット術

森風美さんが板張りの天井にヨートフックを使いカーテンを取り付けている様子

天井の板張りが完成してからは、運転席と後部座席を仕切るカーテンの設置方法も変わりました。以前はパイプを天井につけてレール式カーテンを設置していたのですが、板張りの部分に100均のヨートフックを使ってカーテンを取り付けられるようにしました。

 

▼以前のカーテンについての記事はこちら!

私のなかでは「カーテン=シャーってするもの(レール式)」というイメージがあったんですが、現在のスタイルでもカーテンフックをかけていくだけなのでとても楽。車内は曲線が多いので、レール式カーテンを設置する場合は加工や工夫が必要ですが、ヨートフックなら簡単にDIYでカスタムできるので、板張りにしてよかったです。

 

森風美さんが板張りの天井に仕込んだマグネットを説明するため、天井にマグネットフックを取り付けている様子

見た目ではまったく分かりませんが、実は天井の裏側にはマグネットも仕込んでいます。100均で買ったマグネット式の収納グッズをつけたり、お気に入りの「ダルトン」のマグネットフックを取り付けてちょっとした収納に活用したり、意外な実用性があるんですよ!

 

車内をかわいい雰囲気にできる木の窓枠をDIY

森風美さんがDIYしたログハウス風の木窓枠

板張りの雰囲気を活かすためにもうひと工夫できないかなと思って、ひらめいたのがこちら! ログハウス風の窓枠をDIYで作りました。カーテンは100円均一で買ったカフェカーテンを切っただけ。本当は朝に光が入ってこないように遮光カーテンにしたいのですが、なかなかお気に入りのものが見つからず保留中です。夜は明かりをつけていると、中の様子が影になって映ってしまうので気をつけています。

 

森風美さんがDIYしたログハウス風の木窓枠を取り付けている様子

窓枠の裏側にマグネットをつけて固定しているだけなので、すぐに取り外しができるのもポイントです。

 

オーダーで作ったコーデュロイのおしゃれなシートカバー

森風美さんが「7th E-Life」でオーダーしたコーデュロイのシートカバー

運転席と助手席のシートカバーも最近貼り替えました。こちらのカバーはアウトドアライフスタイルショップの「7th E-Life」さんでオーダーして作っていただいたもの。座面はコーデュロイ生地になっていて、滑りにくいし冬も暖かく過ごせます。夏も意外と涼しいんですよ!

 

森風美さんが「7th E-Life」でオーダーしたコーデュロイのシートカバー。背面がレザー製であることを説明するる画像

背面はレザー製。ジーンズのようなベルトループと小さなポケットも付けてもらっていて、車中泊で寝る時にはこのポケットにスマホを入れています。

車内はカーテンや寝具など布製のものが多くてふんわりとした印象になりがちですが、強めのフォルムのシートカバーがあることで、全体的に引き締まっておしゃれな感じになりました。

 

ストールを活用して車中泊の際の目隠しを作ろう

森風美さんが「Feuille de Cocoon(フィーユドココン)」のアウトドアシルクストールを使って隣のサイトから見えないようにクルマを目隠ししている画像

最後はDIYではないですが、最近お気に入りの車中泊の際に便利なアイデアを紹介します。

車中泊やキャンプのときに、隣のクルマと距離が近くてちょっと気になることってありますよね。そんなときにおすすめなのが、ストールを使った目隠しです。

私が使っているのは、「Feuille de Cocoon(フィーユドココン)」のエクストリームシルク DURE110 Key of life。シルク100%なのにスレに強くて洗えるし、防燃加工もされているアウトドア用のシルクストールです。

 

「Feuille de Cocoon(フィーユドココン)」のアウトドアシルクストール。片側をハトメに通してクルマと接続している画像
「Feuille de Cocoon(フィーユドココン)」のアウトドアシルクストール。片側をマグネットフックに通してクルマと接続している画像

 

「Feuille de Cocoon(フィーユドココン)」のアウトドアシルクストールを使って車内を目隠ししている様子の画像

片側にハトメ、もう片側のタグにフックを通せばいろいろなところに簡単に吊り下げられて使い勝手がいいんです。隣のサイトとの距離が近い場合は目隠しとして使えるほか、散らかった車内を見せたくないときには、車内を隠すように付け替えています。テーブルクロスとしても羽織りのストールとしても使える、とっても便利な子なんです。

DIYで車内をいろいろカスタムしたいという気持ちもありますが、限られた車内のスペースを有効に使うためにも、ときには身近なアイテムを活用して工夫しながら楽しむことも重要です。今回紹介したアイデアを参考に、みなさんももっと車中泊やキャンプを楽しんでくれると嬉しいです。

以上、森 風美でした!

文/森 風美
写真/森 風美、木村 琢也
編集/井上 寛章(LIG)