リュウジさんのチキン肉ピザ&レタスの秒殺サラダ!簡単キャンプ飯で気分はイタリアン!

リュウジさんのキャンプ飯、チキンピザのイメージ

バズレシピで人気の料理家リュウジさんに教えてもらうキャンプ飯。

今回のテーマは「気分はイタリアンなキャンプ飯」です。みんなで楽しむキャンプ飯といえばバーベキューだと思っていませんか? でも初心者が炭火をおこすのはハードルが高い。手が汚れるし後片づけだって面倒です。

そこで、リュウジさんが教えてくれるキャンプ飯は「チーズがとろ~り!チキンピザ」。ピザといっても、なんと鶏肉をピザ生地の代わりにする驚きのワザ! しかも包丁を使わずに3ステップで作れるんです。さらにもう1品、パッと作れる「レタスの秒殺サラダ」もご紹介します。

 調理する場所は、今回もHondaの軽自動車N-VAN(エヌバン)をキッチンにカスタムした「N-VANキッチン」。IHコンロを使うので、面倒な火起こしは不要。準備も片づけも楽チンです。

N-VANキッチンの情報はこちら!

レポートするのは私、料理大好きライターの香取です。ではリュウジさん、よろしくお願いします!

 

目次

 

バズレシピで人気の料理研究家リュウジさんの紹介

料理研究家リュウジ

リュウジさん 料理のお兄さん/料理研究家
「今日食べたいものを今日作る!」をコンセプトにTwitter@ore825YouTube、Instagram @ryuji_foodlaboでレシピを更新し続ける。Twitterのフォロワー120.3万人(2020年2月12日現在)。第5回、第6回料理レシピ本大賞で入賞受賞。株式会社バズレシピ代表取締役。

「なるべく部屋から出たくない!」と断言していたリュウジさんですが、外ごはんが楽しくなってきたようで、今回もキャンプ場でご本人から教えていただきます。

それでは「チキンピザ」の作り方からお願いします!

 

【1品目】ピザ生地いらず! チーズがとろける「チキンピザ」

チキンピザのでき上がりイメージ

材料(2人分)

  • 鶏もも肉 1枚(約200g)
  • トマトソース(市販品) 大さじ2~3
  • ピザ用チーズ 50g
  • バジル(生・あれば) 2枚
  • 塩 少々
  • 粗びき黒こしょう 適量
  • オリーブ油 少々

 

チキンピザの材料

 

リュウジさん
リュウジさんポイント
このチキンピザのレシピは、「ピッツァ イオーラ」というイタリア料理がベースになっています。イタリアでは豚肉で作るのが定番ですが、豚肉は焼きすぎると固くなりがち。だから今回は初心者でもやわらかく仕上がる、鶏もも肉でアレンジしました。

 

① 鶏肉をバンバン叩いて薄~くのばす

まな板にラップを敷いて鶏肉を置いてラップをかぶせる様子

キャンプ飯を作るときは、100円ショップで買える薄手のビニール手袋をはめて料理スタート! いちいち手洗い場に行かなくてもいいので楽チンです。

まな板にラップを1枚敷いて鶏肉を置き、上からもラップを1枚かぶせます。これならまな板も手も汚れず衛生的。

 

鶏肉を叩き伸ばすところ

ボトルなどで鶏肉を思い切ってバンバンと叩き、写真のように薄〜くなるまで叩きましょう。厚さが均等になって1.5倍くらいに広がったらOK! 念のためボトルにもラップを巻いておけば、鶏肉側のラップが破れても安心ですよ。

鶏肉のラップをはがして、両面に塩、黒こしょうをふります。こしょうは多めがおすすめです!

 

リュウジさん
リュウジさんポイント
鶏もも肉は厚さがあってでこぼこしているため、上手に焼くのが難しいんです。そこで、これでもか! というくらい叩いて、ピザ生地のように薄く伸ばしましょう。

 

②フライパンを温め、鶏肉の両面をしっかり焼く

鶏肉を焼くところ 

フライパンにオリーブ油を熱して、鶏肉の皮を下にして入れます。

鶏肉にフライ返しをギューッと押しつけながら、中火でじっくりと焼いていきます。寒い季節なら強火でもOK。パチパチと焼ける音がするくらいの温度をキープしながら焼くと、こんがりと良い感じに焼けます。

 

リュウジさん
リュウジさんポイント
鶏肉は皮からじっくり焼いていきましょう。オリーブ油を少し入れると、鶏肉の皮から脂が出やすくなって、カリッと焼くことができます。さらにフライ返しを押しつけながら焼くと、肉が反りかえらず、早くきれいに焼けるんです!

 

③ トマトソースをかけ、チーズをのせて、蒸し焼きにする

鶏肉にソースをかけるところ

香ばしい匂いがしてきたら、焼け具合をチェック…。皮にしっかり焼き色がついてカリッと焼けていたら合格です! 鶏肉の上下を返して皮目にトマトソースをかけましょう。

 

リュウジさん
リュウジさんポイント
市販のトマトソース1つで味がバッチリ決まります。トマトソースは缶詰やビン詰めではなく、写真のようなチューブタイプがおすすめ。持ち運びが楽だし、片手で塗れて、余ってもそのまま持ち帰れるのでキャンプ飯にぴったり!

 

チーズをのせるところ

さらにチーズをたっぷりとのせます。鶏肉なのに見た目がピザっぽくなってきました!

 

チーズが溶けて鶏肉に火が通ればOK!

鶏肉を蒸し焼きにしているところ

フライパンにフタをして(なければアルミホイルで代用可)、弱めの中火にして蒸し焼きにします。チーズがしっかり溶けて、鶏肉に火が入ったらできたも同然!

 

リュウジさん
リュウジさんポイント
鶏肉に火が入ったかチェックするには、軽く押してみて弾力があればOKです。フタをして焼くと蒸気がこもるので、チーズがきれいに溶けて、鶏肉がふっくら仕上がります。ただし、火が強いと鶏肉に火が入りすぎて固くなってしまうので、火は弱めること!

 

バジルを飾るところ

仕上げにバジルを飾り、オリーブ油を軽くまわしかければ完成です! 本当に鶏肉がピザ生地のようになっています!

 

まろやかチーズとトマトの甘酸っぱさが絶品!

チキンピザのでき上がりイメージ

見てください。この赤・白・緑の美しいイタリアンカラーと、とろ〜り溶けたチーズを! アツアツのうちにいただきましょう〜。

 

くつろぐリュウジさん

今回、実食するためのリビング空間を作るため、N-VANをちょこっとカスタム! N-VAN用サイドオーニングに取りつけることができる、N-VAN専用オリジナルプライバシーテントを設営すると、N-VANがシェルタースタイルのテントに変身です。

 

テントを設営したN-VANの外観

メッシュの窓はビニールで覆うことができるので、テントの中は冷たい風をさえぎることができ、とっても快適。外の景色を楽しみつつ、プライバシーは適度に保たれます。
同じプライバシーテントを使った関連記事

お待たせしました、リュウジさんとカエライフ編集部でいざ実食!

チキンピザにナイフを入れると、スッと切れて、やわらかさが伝わってきます。チーズがのびておいしそう。たまらずパクリ…。

パリッパリの皮とジューシーな鶏肉のうまみが、口いっぱいにあふれて、めちゃくちゃおいしい! トマトソースの甘い酸味、とろ~りチーズのまろやかさ、バジルのさわやかな香りが絶妙にマッチしています。

「バジルはやっぱり生を使うと香りが違うね。本格的なマルゲリータっぽくなるし、なにより作るのがカンタン!」と笑顔になるリュウジさん。

 

【2品目】手でちぎって混ぜるだけ!「レタスの秒殺サラダ」

レタスの秒殺サラダのでき上がり

「チキンピザ」に合うサラダも、リュウジさんに教えてもらいました。

レタス半個を適当な大きさに手でちぎり、塩少々、酢、麺つゆ、ごま油を各大さじ1かけ、ざっくりと混ぜます。仕上げにきざみのり、白ごまをかければでき上がり。こちらも包丁を使わずに作れました。

ごまの香りが食欲をそそるドレッシングで、レタスがいくらでも食べられます! のりの風味もいいアクセントになっていて、まさに作るのも食べるのも秒殺でした。時間をおくとレタスとのりがクタッとなってしまうので、食べる直前にドレッシングをかけるのがおすすめですよ。

 

【まとめ】カスタム自在なN-VANなら、冬キャンプも盛り上がる!

くつろぐリュウジさん

テント内の絶妙なおこもり感に「この空間、自宅みたいでいいね~。N-VAN買っちゃおうかな!」とくつろぐリュウジさん。

今回のキャンプ飯を体験してみて、冬キャンプの経験はまったくなかった私は、正直「わざわざ寒い季節に外でごはんを作って食べるなんて、楽しめるのかな…」と思っていました。でも、N-VANはただの軽自動車じゃなかった!

車内をキッチンとして使えるだけでなく、シェルター風のテントにもパパッと変身させることができるなんて驚きました。冬の寒さ対策もクリアできる外とは思えないプライベートな空間のおかげで、みんなでワイワイ盛り上がることができました。

手間と時間が減らせることは、みんなで楽しむ時間が増えるということ。こんなキャンプなら、初心者の私でもまた行きたくなります!

 

次回は「キャンプの朝に食べたい! フライパンで作るホットサンド」です。

 

RIE KATORI
ライター 香取 里枝
食べること、飲むこと、料理することが大好きな料理オタク。出版社で雑誌・書籍の編集者として勤めたのち、フリーランスに転向。食に関するメディアに携わる。カレーとお茶を愛するあまり、スパイス専門店で勤務経験をつみ、中国で茶藝師の資格を取得。

 

N-VANの情報はこちら!

N-VANのカスタム情報はこちら!

撮影/福岡 拓
取材・文/香取 里枝
スタイリング/本郷 由紀子

※ 飲酒運転は法律で禁止されております。ドライバーの飲酒は絶対にお止めください。

 

関連記事