ラブちゃんの九星術占い【2020年春の運勢】あなたの運気を上げる道はこちらです

ラブちゃんの九星術占い【2020年春の運勢】

怖いほど当たると大人気の占い師Love Me Doさん(愛称ラブちゃん)に、九星術を使って2020年の開運法を教えてもらう季節の連載

2020年夏の占いはこちら

今回は2020年「春」の運勢編。あなたの運気をアップさせる「吉方位(方角)」と「行動」を、ラブちゃんがズバリ占います。運気を上げる道に向かって走り出しましょう!

Love Me Doさん(ラブちゃん)

Love Me Doさん(ラブちゃん)
占い師、風水師、占星術家。東洋、西洋の占術に精通し、テレビ・ラジオ多数出演。Webサイト「VOCE」で連載中の占いは当たると大評判。モバイル占いサイト「LINE占い」や「LoveMeDo恋占術」も人気。著書『月と風水』(ゴマブックス)、『「もしもし神様ですか?」幸運を呼び込む開運スマホ術』(リットーミュージック)、2020年5月の最新刊『1 秒で分かる!人相術』(光文社)ほか多数出版。
ブログ 「黄金のリンゴ
Twitter @lovemedo_uranai

九星術とは

今回、ラブちゃんが使う占いは「九星術」。これは年月日や時間ごとに移り変わる、干支と五行(火・水・木・土・金)がもたらす運気を、自分の行動によって開運に導く方位術です。古代中国から日本に伝わった「九星術」は9つの運気「九星」に分類して占います。

 

あなたの「九星」の出し方

それでは、下の表からあなたの「九星」を見つけましょう。生まれた年の列のいちばん上にあるのがあなたの「九星」です。ただし、生まれた月日が1月1日〜2月3日のあいだにある場合、「ひとつ前の年」で九星を出してください

※スマホで見る場合、表をスライドさせるとすベて閲覧できます

九紫火星 八白土星 七赤金星 六白金星 五黄土星 四緑木星 三碧木星 二黒土星 一白水星
1928 1929 1930 1931 1932 1933 1934 1935 1936
1937 1938 1939 1940 1941 1942 1943 1944

1945

1946 1947 1948 1949 1950 1951 1952 1953 1954
1955 1956 1957 1958 1958 1960 1961 1962 1963
1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972
1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981
1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990
1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008
2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2018 2019 2020            

※生まれた月日が1月1日〜2月3日のあいだにある場合、「ひとつ前の年」で九星を出してください。
例)1980年1月30日生まれの場合→1979年生まれ→九星は「三碧木星」となります。

 

あなたの九星がわかったところで、2020年春にあなたの運気を上げる道をラブちゃんに占ってもらいましょう! 占いが示す「方角」は、現在あなたが暮らしている家を起点に考えてください。

  1. 一白水星(いっぱくすいせい)
  2. 二黒土星(じこくどせい)
  3. 三碧木星(さんぺきもくせい)
  4. 四緑木星(しりょくもくせい)
  5. 五黄土星(ごおうどせい)
  6. 六白金星(ろっぱくきんせい)
  7. 七赤金星(しちせききんせい)
  8. 八白土星(はっぱくどせい)
  9. 九紫火星(きゅうしかせい)

 

【一白水星が2020年春に行くべき道】
北へ向かい満開の花畑に包まれて

一白水星のイメージ

周囲から注目が集まるとき。気持ちが高まりイライラすることも。「北」へ向かい満開の花畑など「陽の光」や「華やかなもの」に包まれることで穏やかさを保てます。迷っていたことにも良い決断ができ、出世のチャンスも到来しそう。おふくろの味を食べたり観音様がいる寺に立ち寄ったり「母性」に触れると、さらに運気がアップします。

 

【二黒土星が2020年春に行くべき道】
東へ向かいパラグライダーで飛ぶ

二黒土星のイメージ

人間関係がうまくいくときです。東へ向かい、パラグライダーやバンジージャンプ、オープンカー、山や海など「風」を感じることで、人との縁や出会いを深めることができます。あなたが気になっている大切な人と一緒に行くのもいいでしょう。マッチングアプリに挑戦するのも吉。「知識」を高められる場所や人も幸運をもたらしてくれます。

「風」を感じるオープンカーの開運アップ記事はこちら!

 

【三碧木星が2020年春に行くべき道】
南へ向かい地ビールを土産に買う

三碧木星のイメージ

1つのことに気持ちが偏りがちなので、安定させることが大切。新しいアクションを起こすよりも、今の地盤を固めることです。南へ向かった先にある「水」にまつわるものが、あなたを充実した生活に導きます。人がたくさん集まる海や川、温泉や噴水のある公園に行って、現地の地ビールや地酒を土産に買うのもいいでしょう。

「水」にまつわるサウナの開運アップ記事はこちら!
「水」にまつわる海釣りの開運アップ記事はこちら!

 

【四緑木星が2020年春に行くべき道】
南へ向かい川や海で夜釣りを楽しむ

四緑木星のイメージ

好奇心が旺盛な時期で、情報に惑わされないように注意が必要です。南へ向かって、あなたが楽しいと思える「静かな暗闇」と「水」のある場所で過ごしましょう。夜釣りや天の川が見られる天体観測、プラネタリウムもおすすめです。そこで出会った人に話しかければ恋に発展することも。略奪愛や叶わぬ愛がテーマのドラマや音楽も吉です。

「静かな暗闇で天の川を見る」開運アップ記事はこちら!

 

【五黄土星が2020年春に行くべき道】
北東へ旅に出てフルーツ狩りをする

五黄土星のイメージ

旅行に行くと運気がアップするとき。とくに北東が吉方位です。旅先では旬のフルーツやトマトを食べたり夕日を眺めたり、「太陽のエネルギー」に触れてください。うまくいかなかったことが、良い方向に流れていきます。気の流れが良くなるように「整理整頓」するのも吉。インテリア店やホームセンターに整理グッズを買いに行きましょう。

「太陽を浴びたトマト」の開運アップ記事はこちら!

 

【六白金星が2020年春に行くべき道】
西へ向かいステーキ丼を食べる

六白金星のイメージ

決断したことがすベてうまくいく絶好調のとき。ただし夏に向かって運気が弱まるので備えが必要です。運気をキープするため西へ向かい「末広がり」をイメージさせる行動が吉。ステーキ丼のように腹にどっしりたまる食事をしたり、富士山、大黒天、恵比寿天にまつわる寺やグッズを買ったり、高台の絶景スポットに行くのもおすすめです。

 

【七赤金星が2020年春に行くべき道】
西へ向かい神秘的な巨石に触れる

七赤金星

仕事運が高まるときです。今までの成果が実を結び、チャンスが到来します。西に向かい「パワースポット」「巨石」「山」にまつわる場所で過ごしてください。野外フェスやキャンプ、お笑いライブに行って思いきり笑って楽しむことや、他人のために奉仕することも吉。物事をやり遂げることができ、人間関係もうまくいきます。

 

【八白土星が2020年春に行くべき道】
北東へ向かい夜の中華街を歩く

八白土星のイメージ

運気が強く願いが叶いやすく、楽しい趣味に散財しがちです。北東へ向かい、中華街などの歓楽街、観覧車や鍾乳洞など「イルミネーション」がキラキラ輝く場所に出かけてください。夕方から仲間と一緒に散策するとなおよし。「龍」にまつわる場所も吉。自分のための投資になるか否かの正しい判断ができるようになり、魅力が高まります。

 

【九紫火星が2020年春に行くべき道】
南西へ向かい鳥のさえずりを聞く

九紫火星のイメージ

運勢が大きく変化するとき。やりたかったことに勝負を仕掛けるなら今です。ただし大勝ちか大損かのどちらかに…。南西に向かい、鳥の鳴き声や川のせせらぎ、ピアノなど「心地よく感じる音」がある場所に行けば、物事が上手く運ぶようになります。ひとりでじっくりと考えられる場所も吉。ソロキャンプやおひとり様の旅行をしてみて。

「ソロキャンプ」の開運アップ記事はこちら!

 

いかがでしたか? 今回、ラブちゃんが教えてくれた「九星術」のアドバイスを参考にして、この春、出かけてみてください! 次回は夏にまたご紹介します。

 

取材・文/さすが かおり
イラスト/あじとみ あつこ

 

★利用規約・免責事項★
この記事内容は、将来的に実際に起きる出来事や効果を約束・保証するものではありません。読者が本記事の内容を参考にして行った行動、それによって生じるすべての損害に対して、当社および執筆者は一切責任を負いかねます。

 

関連記事