くるくら

除雪車は追い越しOK? NG? 遭遇したら追従走行せよ!

記事提供元/KURU KURA 文/宮本 菜々(KURU KURA)資料/NEXCO東日本・西日本 除雪車は低速で走行している。遭遇したら「追い越したい」と思うかもしれない。しかし、目の前にいるのは、ただ速度の遅い乗用車ではない。除雪の業務に従事している除雪車だ。…

スタッドレスタイヤの寿命は何年? 買い替えのタイミングはこれだ!

記事提供元/KURU KURA 文/宮本 菜々(KURU KURA編集部) 秋になるとスタッドレスタイヤのCMも流れ始める。冬タイヤに履き替えるドライバーも、買い替えを意識し始めているかもしれない。いざ買い替えとなると、冬が来る前に店舗の在庫が減ってしまうことも…

秋冬になると西日の時間が長くなる! 眩しさ対策はできてる?

記事提供元/KURU KURA 文/岩井リョースケ(KURU KURA) 秋から冬にかけ太陽の高度が下がり、西日が眩しく感じる時間帯が長くなる。特に夕暮れ時は夕陽が視界に入りやすく、交通量が増える時間帯なので交通事故件数も多くなるが、眩しさ対策はできているだ…

気になるタイヤのひび割れ。どこまでなら大丈夫?

記事提供元/KURU KURA タイヤの側面(サイドウォール)にひび割れ(クラック)が生じていることを、整備工場などで指摘されたという経験はないだろうか? そのひび割れは、どこまでが使用可能で、どこからが要交換なのだろうか。またひび割れを促進させる4…

フロントガラスの曇りを取りたい! 一番簡単な対処方法とは?

記事提供元/KURU KURA 文/岩井リョースケ(KURU KURA) 夏に雨が降ると、クルマのガラスが曇りやすくなる。運転中にフロントガラスが曇ると視界が遮られ、とても危険だ。しかし、ガラスを拭いてもまたすぐに曇ってしまい、困ったという経験はないだろうか…

夏はタイヤのパンクに注意! トラブルからクルマを守る方法とは。

記事提供元/KURU KURA 文/くるくら編集部 いよいよ夏本番! 旅行やお盆帰省など、クルマで出かける機会が増えるこの時期、タイヤのトラブルにご用心。乗車前に、タイヤの亀裂や傷がないか、必ずチェックをしましょう。 タイヤのパンクはJAFロードサービス…

車内置き去りに注意!真夏はわずか10分でも命の危険

記事提供元/KURU KURA 真夏の炎天下、車内の温度は急上昇して時には60℃近くにまで達する。そんな環境に子どもだけが残されて熱中症により死亡してしまう事故が絶えない。JAFは2019年8月に、「キー閉じこみ」の救援要請のうち子どもやペットが閉じ込められた…

車中泊の暑さ対策。涼しく過ごすグッズや方法は?【対策編】

記事提供元/KURU KURA 夏の車中泊は、否応なしに車内温度が高くなる。そんな時にできるだけ涼しく過ごすためには、どうすればいいだろうか。【対策編】では、暑さを和らげるグッズや対策法について、車中泊のプロに教えてもらった。 車内温度の検証結果につ…

夏の車中泊の暑さ対策。車内温度はどれくらい暑い?【検証編】

記事提供元/KURU KURA 夏の強烈な日差しがやってくると、短時間の駐車でも、車中泊をしていても、否応なしに車内温度が高くなる。サウナのようになった車内はいったいどれだけ暑いのだろうか。検証編では、過去の「JAFユーザーテスト」の結果から、夏の車内…

高熱車内に注意!夏のクルマに置き忘れてはいけないものとは?

記事提供元/くるくら 文/くるくら編集部 会田 香菜子 夏の車内は、直射日光が当たる場所では50℃以上になることもある。こうした高温によるトラブルが例年発生しているが、 高温の車内に放置すると破裂の恐れがある物についてご存じだろうか。身近なアイテ…

木製ハンドルが懐かしい! なぜステアリングホイールのデザインは多種多様なのか?

記事提供元/くるくら 文/小川フミオ ステアリングホイール(ハンドル)は、人とクルマをつなぐ重要なパーツのひとつだ。素材もデザインもいろんなバリエーションがあってクルマ好きを楽しませてくれる。モータージャーナリストの小川フミオがその魅力につ…

最高速度と法定速度は何が違う?制限速度、指定速度は??

クルマの走行速度に関して、「最高速度」「法定速度」「制限速度」「指定速度」という単語をよく目にする。これらの単語は、一体何が違っているのだろうか。それぞれの意味についてまとめてみた。

配色が逆なだけの「一方通行」と「左折可」。似ている標識シリーズ

「一方通行」と「左折可」。デザインはどちらも横向きの矢印で、異なるのは青と白の配色が逆なだけ。ただし意味はまるで異なる。なぜ「左折可」が生まれたのだろうか。

雨の日洗車のメリットとデメリット。本当に効果はあるの?

雨の日に洗車をしても、また汚れてしまうから、天気のいい日に洗車をしたいと思う人は多いだろう。しかし、雨の日の洗車には、雨だからこそのメリットがあるという人もいる。雨の日に洗車を行うことのメリットについて、日本洗車ソムリエ協会に意見を聞いて…

【下野康史の旧車エッセイ】ホンダ・プレリュード

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ホンダ・プレリュード」。

【下野康史の旧車エッセイ】マツダ・コスモスポーツ

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「マツダ・コスモスポーツ」。

【下野康史の旧車エッセイ】ダイハツ・コンパーノ

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ダイハツ・コンパーノ」。

【下野康史の旧車エッセイ】BMC・ミニ

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「BMC・ミニ」。

【下野康史の旧車エッセイ】ダイハツ・初代シャレード

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ダイハツ・初代シャレード」。

【下野康史の旧車エッセイ】ホンダ・T360

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ホンダ・T360」。

【下野康史の旧車エッセイ】日産・パイクカーシリーズ

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「日産・パイクカーシリーズ」。

【下野康史の旧車エッセイ】トヨタ・2000GT

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「トヨタ・2000GT」。

【下野康史の旧車エッセイ】ホンダ・初代シティ

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ホンダ・初代シティ」。

【下野康史の旧車エッセイ】 いすゞ・ジェミニ

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「いすゞ・ジェミニ」。

【下野康史の旧車エッセイ】 ボルボ・P1800

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ボルボ・P1800 」。

【下野康史の旧車エッセイ】 スズキ・マイティボーイ

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「スズキ・マイティボーイ」。

【下野康史の旧車エッセイ】 いすゞ・ベレットGT

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「いすゞ・ベレットGT」。

【下野康史の旧車エッセイ】 トヨタ・MR2

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「トヨタ・MR2」。

【下野康史の旧車エッセイ】 ランボルギーニ・カウンタック

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ランボルギーニ・カウンタック」。

【下野康史の旧車エッセイ】三菱・ミラージュ

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「三菱・ミラージュ」。

【下野康史の旧車エッセイ】 スバル・360

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「スバル・360」。

【下野康史の旧車エッセイ】 シトロエン・DS

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「シトロエン・DS」。

【下野康史の旧車エッセイ】 フィアット・X1/9

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「フィアット・X1/9」。

【下野康史の旧車エッセイ】 ダイハツ・ミゼット

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ダイハツ・ミゼット」。

【下野康史の旧車エッセイ】 三菱・ギャランGTO 伝説のキラキラネーム

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「三菱・ギャランGTO」。

【下野康史の旧車エッセイ】 マツダ・RX-7 他に代え難い回転フィールのエンジン

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「マツダ・RX-7」。

【下野康史の旧車エッセイ】 ランチア・ストラトス 古今東西、いちばんカッコいいと思う自動車

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ランチア・ストラトス」。

【下野康史の旧車エッセイ】 日野・ルノー フランス人の顔をした小さな巨人

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「日野・ルノー」。

【下野康史の旧車エッセイ】 トヨタ・スポーツ800 スポーツカーの楽しさは、数値やメカニズムでは測れない

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「トヨタ・スポーツ800」。

【下野康史の旧車エッセイ】 シトロエン・2CV クルマの基本がここにあった

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「シトロエン・2CV」。

【下野康史の旧車エッセイ】 日産・スカイライン あの頃、僕も、君も、みんな若かった。

自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「日産・スカイライン」。

【下野康史の旧車エッセイ】 ホンダ・S800 オープンカーを知らずして、なんの人生か。

記事提供元/くるくら 文/下野康史 自動車ライター下野康史の、懐かしの名車談。今回は「ホンダ・S800」。 全長×全幅×全高=3,335mm×1,400mm×1,200mm 車重=720kg 排気量=791cc イラスト=waruta ランナーズハイならぬ、ドライバーズハイ。いつもの景色が"…